おすすめドッグフード

犬のアレルギーはドッグフード選びで改善できる?

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

犬にもアレルギーがあり、人間のアレルギー症状ととても似ています。今回は犬のアレルギー問題とドッグフードの選び方を合わせて考えてみました。今、愛犬のアレルギー疾患で悩んでいる方のお役に立てる情報を集めたので、ぜひ参考にしてみてください。

知っておきたい犬のアレルギー


犬のアレルギー反応にはいろいろと種類があります。皮膚にアレルゲンが付着することで発症する症状。そのようなものを『アレルギー性喘息』といいます。これは犬にもよく起きる症状です。くしゃみが止まらない、鼻水が出て止まらないという鼻の粘膜に刺激が起きたときにアレルギー反応が起きます。このような反応が皮膚に起きた場合には『アレルギー性皮膚炎』といいます。犬には、比較的多い症状です。何の前触れもなく、いきなり起きてしまうのがアトピー性皮膚炎です。これには、予防方法も特別ありません。

どうすれば良いのか?という点についても事前に防げるものでもありません。あえて言うならば、アトピー体質にならないようにドッグフードを事前に厳選するということも、有効な方法ではないでしょうか。

犬にとって不快な症状を示しているアレルゲンが特定することが必要です。これができれば、その食材や、アレルゲンを避けることで改善することができる場合もあります。それでも、アレルゲンというものは、除去した場合でも、100%の改善にまでつながらないのが現状です。

犬がしきりに皮膚を掻きむしる行為は、徐々にエスカレートするものです。少しでもその状況に気が付いた時点で早めに受診をすることが絶対に大事なことです。

犬は一度気になりだした部分は血が流れ始めても掻き続けます。そうすると皮膚の状態がますます悪くなり二次的に感染を起こしてしまうことも十分に考えられます。

舐めるという行動も、皮膚炎を悪くしてしまうものです。とにかく早めに動物病院で正しい診断を仰いで治療を開始することが必要です。

食物アレルギー

よくある症状と原因としては、ドッグフードに含まれている食材をアレルゲンと知らずに長年も食べ続けてしまうことです。あらゆるドッグフードにその可能性があります。

もしも少しでもアレルギーが疑われる場合には、あらかじめアレルギー対応のフードに切り替えるなど、飼い主さんの配慮が必要になります。最初はなぜ下痢や嘔吐が続くのかわからないということから症状が出始めます。

よく見かける「犬の食物アレルギー」の症状としては、消化器のトラブルが挙げられます。アレルギーと言えば、皮膚の症状だけと感じている方も多いようです。

実際には、皮膚と消化器の症状は一緒に出てしまう場合もあります。片方の症状だけが顕著に出始める場合もあるのです。いずれにしても犬の様子をきちんと見守っているだけで、案外と気付けるものです。

アレルギーによって、免疫機能に狂いが出てしまうと、様々な全身トラブルが発生します。できれば初期の段階で発見して、治療に入れることが理想的です。

下痢や嘔吐というのはアレルギーが原因であっても、犬にとっては苦痛を伴います。少しでも疑わしい場合には、今食べているドッグフードを中断するという方法を考えてみるのも犬のためになるはずです。

知っておいていただきたいのは、食物アレルギーの場合には、ほとんどがそのタンパク質の中にアレルゲンが含まれているということです。これを除去するだけでも体内の免疫機能は正常に働くようになります。まずはそこから対処していくべきなのです。

食物アレルギーの対策としては動物病院では、痒みが強い部分に対してステロイドを投与することが多いのです。皮膚の炎症を抑えないことには、犬の不快な状態は改善されないからです。

食事でアレルゲンwp除去してもすぐには炎症を緩和することにはなりません。当面は投薬を続けながら食物アレルギーに対処する方法を考えてみてください。

ノミアレルギー

ノミというのは完全に退治できるものでもありません。ただ、皮膚の痒みが強い場合にはノミアレルギーを疑います。季節は関係ありません。毛が抜けて痒みが強いというときには、皮膚の一部を採取して顕微鏡で覗くだけで、皮膚の状態を一時的に感知することができるのです。

これはどの動物病院でも実施していることですので、是非とも検査を受けてみてください。皮膚がいつもよりも荒れている場合や発疹があるときには、ノミアレルギーの可能性が出てきます。

特徴としては腰から下の部分に痒みが強く出ます。尻尾の付け根当たりに一番症状が集中する傾向もあります。犬が痒みのために自分で皮膚を傷つけてしまうと、次は膿皮症という病気に移行する場合もあります。

ノミアレルギーはとにかく、肌を鎮静化させて痒みを軽減することが重要です。多頭飼いをしている場合には、症状がない犬の皮膚の様子も常にチェックをしておいてください。

アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎とは難治性の病気です。最近は動物病院でもアトピー性皮膚炎の犬が多くなっています。アレルギーの原因となる「アレルゲン」は呼吸器だけではなく皮膚からでも体内に侵入してしまいます。

ある意味、防ぎようのないものですので治療が大切になってくるのです。

犬のアレルギー症状を見逃さない

犬がアレルギーを起こすと犬種を問わず同じような症状が現れます。事前に飼い主が情報を持っていることで、対処の仕方が変わってきます。アレルギーだからといって絶対に放置しないようにしてください。悪化の一途をたどるのがアレルギー性疾患の特徴です。

フケがある

ブラッシングをしてもフケが出続けます。この場合にはアレルギーを発症している可能性が大きいのです。

抜け毛が多くなる

皮膚の状態が悪くなると毛根から脱毛するようになります。知らない間に脱毛部分ができてしまうのもアレルギーが原因です。

皮膚の柔らかい部分が赤くなる

鼠径部や尻尾の付け根などに痒みが出ると犬はとても不快な仕草をみせるようになります。かなり進んでしまうと皮膚の柔らかい部分がほとんど赤みを帯びてくるものです。ここまで進行しないように早く手を打ちましょう。

痒みが出て体を掻く頻度が増える

後ろ足で掻くような仕草が増えてしまうとこれはアレルギー症状が出ている証拠です。

下痢や嘔吐をする

消化器症状が出てしまうと日常生活にも支障が出始めます。早めの対策が求められるでしょう。

原因はドッグフードにあることも

犬が食物アレルギーを引き起こしやすい原材料は?これを知っているだけで、素早く対応できる場合が多いものです。アレルギー体質の犬のドッグフードを選ぶ際のポイントとしては次のようなことに注意をしてください。

ドッグフードに含まれた食品が原因になることがある

同じ食材ばかりを食べているとアレルギーが起きやすいことがあります。最近では数種類のフードをローテンションして食べるという方法があります。これを行うことでかなり改善されることもわかっています。

毎日同じドッグフードを食べている犬に多い

好き嫌いの多い犬の場合には、フードを選択する余地があまりないようです。それでも最低でも2,3種類のフードをチョイスできるように飼い主さんも配慮してあげることが大切です。

急にアレルギー症状が出ることも

昨日までは大丈夫でも、急にアレルギーが起きることがあります。

犬がアレルギーを起こしやすい食材

犬の場合には、直接肉類を食べるというよりもドッグフードの中に含まれていることがほとんどです。事前に食材の中にアレルギーが判明していればその食材を含んでいないドッグフードを選ぶという選択もできるのです。

肉類

豚、鶏というのはドッグフードの中でも多くの原材料になっているものです。アレルギーを起こしやすい傾向もあります。
豚肉や鶏肉がアレルギーの原因となっている犬には、ラム肉を主原料としているドッグフードがアレルゲンになりにくいためおすすめです。

穀物

肉食動物であるオオカミから進化した犬は穀物を消化するための機能が備わっていません。穀物はアレルギーの原因になりやすいので注意が必要です。

穀類が原因の場合には、穀物不使用であるグレインフリーのドッグフードを選べば安全でしょう。

乳製品

乳製品にアレルギー反応を起こす場合は、下痢や胃腸の具合が悪くなる場合が多いので、一度でも嘔吐や下痢を起こした場合には、今食べているドッグフードの内容を再精査する必要があります。

大豆

人間でもアレルギーを起こしやすいものです。要注意です。

鶏卵

鶏卵の場合には、卵アレルギーを起こすことがあります。鶏肉がダメな場合には避けた方が無難でしょう。

添加物

無添加のものを選ぶことで危険回避が可能です。

アレルギー対策用のドッグフードを選ぶポイント

世の中にはアレルギー対策のドッグフードが多く出回るようになりました。アレルギー反応が出ているかもしれない場合には、ぜひとも対策を打ちましょう。

①アレルギーの原因を調べる
②原材料を確認する
③無添加のドッグフードか確認する

アレルギーの原因を調べる

対処療法は延々に続けるわけにはいきません。犬の年齢がある程度検査に耐えられる年齢の場合には、血液検査をして、アレルゲンを特定するという方法が提案されます。

検査を受ける経費が4万円程度かかりますがアレルギー検査をすることで、アレルギー反応を示す物質を特定できるようになるのです。治療にも大いに役立ちます。

原材料を確認する

常に愛犬が口にするものには何が原材料になっているのかを把握できていることが大切です。

無添加のドッグフードか確認する

添加物の有無についてはパッケージを調べればすぐにわかるものです。

アレルギー対策のおすすめドッグフード10選

犬の食物アレルギー対策では具体的に検査をしてアレルゲンを特定した後に、ドッグフードの見直しが必要になります。ここにご紹介するドッグフードはアレルギー対策で飼い主さんが多く利用しているものばかりです。

1.このこのごはん

ヒューマングレードの食材を使って嗜好性の高さを強化したドッグフードです。主原料はチキンと鹿肉、まぐろですのでアレルギー食としても対応可能です。毛並みの悩みがある人にも向いているドッグフードです。

公式ページ

2.カナガン

カナガンのドッグフードはアレルギー体質の犬にとってタンパク質・脂質・炭水化物の配合が適正であるように見直されたフードです。肉の配合率も高めです。そして動物性タンパク・野菜・ハーブも配合されています。

詳細ページ公式ページ

3.モグワン

家で作ったご飯のような安全性の高さが魅力のフードです。原材料にはヒューマングレードのお肉・お魚・野菜を使用しています。

詳細ページ公式ページ

4.アカナ NEWラム&オカナガンアップル

アレルギーのために食材に制限がある犬のためのフードとして需要が高いようです。アカナ ラム&オカナガンアップルは食べると満足感のあるフードだと評判です。

詳細ページ公式ページ

5.アランズ・ナチュラルドッグフード

100%無添加のドッグフードです。犬の先祖が野生の頃に食べていた食事内容を再現したような内容になっています。人工的な添加物を省いています。

公式ページ

6.アズミラ

アズミラは副産物、小麦グルテンや米蛋白質濃縮物は一切含まれていません。

7.ドクターズケア アミノプロテクトケア

ドクターズケア犬用アミノプロテクトは獣医さんから紹介されること多いドッグフードです。10種類の必須アミノ酸(アルギニン・メチオニン・フェニルアラニン・リジン・ヒスチジン・トリプトファン・イソロイシン・ロイシン・バリン・スレオニン)がアレルギーを起こしづらく安心して食べることができる成分です。

8.フィッシュ4ドッグ サーモン

サーモンは最高品質の食材です。サーモンに含まれるアスタキサンチンは安心して愛犬が口にできる成分です。アレルギー体質には抗酸化成分を強化したドッグフードが最適です。

9.キア オラ ベニソン

高級な鹿肉の生肉と乾燥サーモンが主原料です。犬に必須な動物性タンパク質が豊富に配合されています。

10.オリジン 6フィッシュ

原材料として新鮮丸ごと大西洋サバ、ニシン、カレイ、アカディアンレッドフィッシュ、アンコウ、シルバーヘイクという珍しい食材が使われているドッグフードです。アレルギーで肉類が食べられない犬のために開発されました。自社工場で安心の工程を経て製造されています。

まとめ

アレルギー疾患は投薬だけが治療ではありません。まずは生活の中でできることから始めてみてください。ドッグフードの見直しというものは何よりも重要です。

そしてアレルゲンの特定については獣医師とよく相談をしたうえで検査を進めるべきです。いつまでも放置できないものでもあります。早期に治療を開始できることが何よりも重要です。

こちらもおすすめ