飼い方

ボルゾイってどんな犬?実は穏やかで飼いやすい!大型犬が好きな方必見

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

存在感のある大型犬と暮らしてみたいと思ったことはないですか?そのような方におすすめの犬種が、「ボルゾイ」です。日本ではあまり見かけない犬種ですが、飼ってみたいと考えている方が多いです。

犬種の登録や血統書発行を行っているJKC(ジャパンケネルクラブ)によると、登録されている133犬種中39位に位置しています。大型犬に魅力を感じる方には、ぜひ知っておいてほしい犬種です。今回は、ボルゾイについて細かく説明していきます。

ボルゾイの性格

大型犬は、怖いイメージを持つ方が多いようですが、性格からボルゾイのことを知ると意外な事実が判明してきます。大きい外見に惑わされることなく、内面にも目を向けてあげましょう。

穏やかで優しい

大きな体で怖いイメージが付きやすいボルゾイですが、実は穏やかで優しい性格の持ち主です。人間に甘えるのが大好きで、大きい体で寄り添ってくるときはギャップのかわいさと被毛の気持ちよさで癒やされます

気品あふれるその姿に魅了される方も多く、ボルゾイを多頭飼いしている方も多いです。しかし、もともと猟犬だったことから鳥や猫などを追ってしまう場合もあります。獲物だと思ったものには普段のボルゾイからは想像できない勢いで襲い掛かるため注意も必要です。

学習能力が高い

学習能力が高いのもボルゾイの特徴です。人間が行う基本的なしつけはもちろん、犬たちの触れ合いの中でも学習していきます。多頭飼いをしようと考えている方は、先住犬のしつけをしっかり行ってから迎えるようにしましょう。

犬を迎えた時に多くの方が悩むのが、噛み癖や吠え癖です。ボルゾイなどの大型犬は声が大きいため、近所トラブルにつながります。しかし、学習能力の高いボルゾイは無駄吠えや噛み癖が比較的少なく、飼いやすいと言われています。

しかし、全くないというわけではないため多少のしつけは必要です。「しつけがいらないと聞いたから」という理由でボルゾイを迎えるのはやめましょう。

ナイーブ

大型犬で堂々としていますが、実はナイーブな部分もあります。特に、子犬時代の関わり方が重要です。子犬はどの犬種も好奇心が旺盛で無邪気に遊ぶのが仕事です。子犬のころに悪さをしたからといって、怒鳴りつけたり、叩いたりしてしまうと一生心を開いてくれなくなります

また、どのように行動するのかが読めない小さい子どもが少し苦手な部分もあるので、子どもが小さい家庭にはおすすめできません。飼い主や家族には心を開き甘えてきますが、知らない人には恐怖心から不愛想に接してしまう部分もあります。

散歩中に、ボルゾイが珍しく寄ってきてくれる人もいますが、犬が人見知りなことを伝えて知らない人の臭いを嗅がせることから始めましょう。また、なでてもらうときも優しくするように声をかけましょう。

ボルゾイの体重や特徴

ボルゾイを迎えたいと思っている方は、大型犬ということが分かっていると思いますが、実際に成長するとどれくらいの大きさになるかご存知ですか?「大きくなると分かっていたつもりでも、想像以上に大きくなった」という方も多いです。

ボルゾイの大きさや体の特徴の正しい知識を身に着けて置くことで、イメージとのギャップがなくなり、犬と楽しい日々を送れるようになるでしょう。

ボルゾイの体重

ボルゾイは成犬になると、体高75~85cm、体重が34~47kgまで成長します。この数値はあくまで目安のため、個体差があります。個体差があることを理解してうえで迎えるようにしましょう。

ボルゾイの体の特徴

ボルゾイは体の美しさに魅了される方が多い犬種です。首は太くなく、ややアーチがかかっています。また、背中は優美なアーチを描いています。前脚は、あまり肉付きが良くないですが、後脚の筋肉がたくましいです。

耳は小さめで、緊張しているときは半直立になります。耳の角度で、ボルゾイの緊張度を測ることができるため、一つの目安にしてください。噛み合わせは、シザーズ・バイトが好ましいと言われています。

シザーズ・バイトとは、上の歯が下の歯よりも前に出ている状態です。ショーに出演させたいという方は噛み合わせにも注意しましょう。

ボルゾイの被毛の特徴

ボルゾイの被毛は、シルクに例えられるほど美しいものです。犬の被毛には、「シングルコート」と「ダブルコート」があります。ボルゾイは、ダブルコートに分類されます。ダブルコートは2つの被毛から構成されています。

2つの被毛とは、外からの刺激に対応するための「オーバーコート」と体温を維持するための「アンダーコート」です。ダブルコートの犬種は、換毛期と呼ばれる被毛が生え変わる時期が存在します。

換毛期は、アンダーコートが生え変わる季節の変わり目に発生します。冬用のアンダーコートと夏用のアンダーコートがあることから換毛期が発生します。抜け毛が気になるという方にはおすすめできない犬種です。

ボルゾイの歴史

ボルゾイは「ロシアン・ハウンド」と呼ばれることもあります。この名前は、かつてロシアでオオカミ狩りを行っていたことからきています。ボルゾイの先祖は、はっきりと判明していませんが、13世紀頃からロシア各地で獣猟に用いられていた地犬を改良したものという考えが多いです。

ロシア革命以前は、ロシアの国犬として皇帝や貴族に愛されていました。1917年、ロシア革命後のソ連では、貴族とともにボルゾイも追放されたそうです。絶滅の危機に陥ったボルゾイを守るために、生き残った個体をイギリスで保護します。

その後イギリスで、繁殖させ絶滅の危機を回避したのです。日本には、戦前輸入され注目されましたが、貴族が飼育するだけで民間の人々が飼育することはなかったそうです。その後日本でも繁殖が進み、徐々に民間の方の間でも飼育されるようになりました。

ボルゾイを飼うときのポイント

ボルゾイは体の大きさから、飼うときのポイントがいくつか存在します。ポイントをおさえた上で迎えるようにしましょう。特に小型犬の飼育方法とは大きな違いがあるため、大型犬の飼育経験がない方は参考にしてください。

1日10kmの長距離の散歩が理想

大型犬は、たくさんの運動が必要とされていますが、ボルゾイは特に運動が必要な犬種です。散歩に行く回数は、小型犬と同じように朝と夕方の2回ですが、毎回1~1時間半の散歩時間が必要になります。
また、ただ歩いて散歩をすればいいというわけではなく、小走りや早歩きを取り入れ1回に5km程度の散歩を行う必要があります。

ボルゾイは、狩りのために改良された犬種のため走り回ることが大好きです。

そのため、散歩以外にも思い切り走れるドッグランなどの環境へ連れて行く必要があります。運動不足になると、ストレスがかかることはもちろん、足の筋肉量も少なくなるため本来の美しいボルゾイではなくなります。

1~1時間半、1日2回の散歩を行う時間が取れない方には、ボルゾイという犬種をおすすめできません。ボルゾイのことを考えて行動できるのかを話し合ってから迎えるようにしましょう。

イタズラ好きな面もあるのできちんとしつけをする

ボルゾイは立ち上がると2mを超えるほど大きい犬種です。しつけができていないと、散歩中や来客時に知らない人にとびかかったり、獲物だと思って他の動物を追いかけたりしてしまいます。

犬の行動は飼い主の責任になるため、大型犬を迎え入れるときはしつけを必ず行いましょう。ボルゾイのしつけには、信頼関係を築くのが大切です。間違ったことをしたときに、怒ってしまうと信頼が一気になくなります。

間違ったことができないように、ボルゾイの届く範囲には物を置かないようにしましょう。また、いいことをしたときは思い切り褒めてあげましょう。ボルゾイは賢いため、すぐにいいことと悪いことを学習します。

最初は、イタズラ好きなボルゾイに振り回されることがありますが、根気をもってしつけを行いましょう。

被毛の手入れと共に耳の掃除も行う

どの犬種にも被毛の手入れが必要ですが、ボルゾイの場合は一緒に耳の掃除も行うようにしましょう。ボルゾイはナイーブな性格を持っているため、一度ブラッシングなどで怖い思いをすると、手入れが嫌いになります。

そのため、まずはブラシに慣れさせることから始めましょう。ブラシの臭いを嗅がせてあげたり、いきなりブラッシングをするのではなく、最初はあてるだけにするなど工夫が必要です。

ボルゾイは垂れ耳の犬種ほど汚れることはありませんが、比較的汚れやすいです。そのため、耳は被毛の手入れと一緒に観察するのをおすすめします。市販のローションなどの耳掃除専用の用品を利用することで簡単に手入れができます。

しかし、極端に汚れている場合や異臭がする場合は外耳炎などの病気を発症している可能性もあるため、心配な場合は獣医師に相談しましょう。

ボルゾイの寿命やかかりやすい病気

ボルゾイを迎えたいという方は、寿命やかかりやすい病気まで理解しておく必要があります。平均寿命を知ることで、充実した日々を送ることができます。また、かかりやすい病気を知ることで、病気の早期発見につながります。どちらも大事なことなので、ぜひ参考にしてください。

ボルゾイの寿命

ボルゾイの寿命は、7~10歳だと言われています。他の犬種と比較すると短命ですが、個体差があるのであくまで平均値として知っておきましょう。ボルゾイという犬種に、ギネス記録はないため一番長く生きたボルゾイは判明していません。

ボルゾイがかかりやすい病気

ボルゾイを迎えて家族同然にかわいがるには、かかりやすい病気を知っておく必要があります。ボルゾイは他の犬種と比較しても短命なため、病気の早期発見が大切です。ボルゾイのことを理解して、少しでも長生きしてもらいましょう。

胃捻転

胃捻転は人間にも発症する病気の一つで、胃がねじれてしまう病気です。この病気は突然発症するのが特徴で、早期発見ができなければ最悪死に至る病気です。はっきりとした原因は判明しておらず、早食いや加齢、ストレスなどのさまざまなことが関係しているようです。

愛犬がお腹をなめる、気持ち悪く吐きそうになっているがうまく吐けない、お腹が張っているなどの症状が出現した場合は、早期に動物病院を受診しましょう

皮膚疾患

皮膚疾患の原因は寄生虫やアレルギー、紫外線の浴びすぎなどさまざまで、病院で検査を行う必要があります。皮膚疾患を発症した場合、脱毛やかゆみ、発赤などが出現します。毎日のコミュニケーションの中で皮膚に異常がないか確認することが大切です。

眼病

眼の病気の中でボルゾイがかかりやすいと言われている病気は、「小眼症」と「流涙症」です。小眼症は、生まれつき眼が小さい病気で視力には問題ありません。しかし、涙の分泌量が少ない傾向にあるため、ドライアイに気を付ける必要があります。

場合によっては、手術を行い眼を大きくする必要があります。流涙症は、涙が止まらなくなる病気です。この病気の原因は、判明していませんが、本来鼻を通り抜けていくはずの水分が、涙として出てきます。

流涙症も視力には影響がありませんが、目の周りが涙やけを起こしてしまう可能性があります。涙やけになるのが嫌という方は、動物病院を受診しましょう。

外耳炎

耳の手入れの部分で前述しましたが、この病気は外耳という場所に炎症がおきてしまう病気です。愛犬が耳を気にしている、足で掻く様子が見られるという場合は、耳の中をよく観察しましょう。発赤や異臭がする場合は、外耳炎が疑われるため動物病院を受診しましょう

肝硬変

肝硬変も人間でも発症する病気の一つです。肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が死んでしまう病気です。肝硬変の怖いところは、一度死んでしまうと細胞は再生しないということです。

肝硬変は、食欲がなくなる、元気がなくなるなどの症状が出現します。しかし、症状が著しく現れることは少ないため、飼い主が気づかないことが多いです。定期的に病院で健康診断などを受ける必要があります。早期発見、早期治療のためにも1年に1回は健康診断を受けさせてあげましょう

まとめ

ボルゾイという犬種は、日本ではまだまだ認知度が低く、飼い方や注意点を知らない方が多いです。ボルゾイを迎えようと考えたときは、まず犬種について勉強しましょう。そうすることで、飼い主もボルゾイも幸せに暮らすことができます。

おすすめのドッグフード

アンドペット編集部が厳選したおすすめのドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワンイメージ画像
モグワンは食いつきの良さを重視して作られたドッグフードです。
愛犬の健康を考えて無添加の栄養価の高いドッグフードを買ってみたけれども、なかなか食べてくれない…そんな経験をしたことはありませんか?
モグワンは高い栄養価を目指すべく原材料にこだわり抜きながらも、食いつきの良さも両立しました。
原材料はヒューマングレード、動物性タンパク質は50%以上・グレインフリー・無添加と健康を意識したドッグフードに必要な要素を全て詰め込みながらも、満足のいく食いつきを実現。
愛犬には健康的な食事をしてほしいけれど、毎日喜んでごはんを食べてほしいという飼い主の方におすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:1.8kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

アカナ

アカナイメージ画像
アカナは世界中のペット愛好家から信頼されているドッグフード。ベースとなっている肉以外にも魚、野菜等もカナダで取れた新鮮な原材料のみを使っており、保存料も未使用。
もともと肉食の犬本来の自然な食事を再現した高タンパク質な栄養満点のドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 5,724円(税込)

詳細ページ公式ページ

カナガン

カナガンイメージ画像
カナガンはペットの本場イギリス産のプレミアムドッグフードです。グレインフリー(穀物不使用)、ヒューマングレード、添加物の不使用と愛犬の健康を守るには欠かせない原料へのこだわりが特徴。
全犬種の全ライフステージに対応していますが、粒が小さく食べやすいので、子犬や小型犬に与えるのに適しています。
愛くるしい小型犬に、健康な食事をして長生きしてほしい飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

こちらもおすすめ