おすすめドッグフード

ダイヤモンドドッグフードは大容量でリーズナブル!ダイヤモンドドッグフードを徹底調査!

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

愛犬が食欲旺盛で沢山食べてくれると嬉しいですよね。大型犬は食べる量が多いですし、多頭飼いの愛犬たちには大きいパッケージで買わないと間に合わなくなります。

満足するだけ食べてもらいたい!でも、肥満は困ります。量にこだわっても品質に心配があったら後悔しますよね。普通のパッケージだと頻繁に買いに行かないとなりません。

栄養に配慮があって、食いつきがよく、リーズナブルなドッグフードがあったらどうですか?「ダイヤモンドドッグフード」は飼い主のニーズにこたえます。

ダイヤモンドドッグフードの特徴


「あまり聞いたことがない」という人と「通販で取り寄せても買っている」という超お得意様がいると思います。スーパーやホームセンターではあまり見かけませんが、知る人ぞ知る、リーズナブルで高品質なドッグフードは「ダイヤモンドドッグフード」です。

一緒に生活して、心のよりどころになっている愛犬は大切な家族です。人もそうですが食べたもので体はできていますよね。ダイヤモンドドックフードの特徴を調べてみましょう。

最も衛生管理が優れた工場で作られている

自社で作らないで委託して別の会社の工場に作ってもらう

ペットフード会社で企画し、設定したものを自社ではない工場などに任せて作るパターン。仕入れや加工の仕方までしっかりと監督されている場合もそうでない場合も考えられます。
たとえば、ペットフードではありませんが○社のチキンナゲットがずさんな管理と従業員の意識の低さから、とても食べられない状態で加工されていたのが記憶に新しいと思います。これはほんの一例です。

自社ではあるが海外の工場で作ったものを販売する

自社の責任者が一括して管理している場合と現地の責任者が監督している場合があります。こちらは直営の工場ではありますが工場のある地域の国民性や習慣、衛生面の考え方に温度差があったりします。

委託生産と同じような不安があります。自社であっても監督が行き届かない場合も考えられますね。

自社の国内工場で企画開発、生産、販売まで一貫して行う

会社の理念などが安心安全を基本にしている場合などに多いです。自社にこだわることでコストが高めになることもあります。

ダイヤモンドドッグフードは自社工場

ダイヤモンドドッグフードの以下5つの工場は自社工場です。「ミズーリ州メタに最新設備の工場を持ち、カリフォルニア州ラスロップ、サウスカロライナ州ガストン、カリフォルニア州リポン、アーカンソー州デュマ」に展開しています。

くわえて、他ペットフードブランドのペットフードも委託されて生産しています。名前はあげませんがトップランクのドッグフード会社のブランドペットフードです。トップクラスのメーカーがわざわざ、劣悪環境の工場に委託をするとは考えられません。ブランド名をおとしめることのない工場に委託するのが自然です。

ダイヤモンドペットフーズの工場は、NSFインターナショナルから毎年適正製造基準(GMP)の監査を受けています。GMPとはグッド・マニュファクチュアリング・プラクティスの略で、製造される製品のガイドライン「アイデンティティ、強さ、組成、品質、純度」を保証されています

*はDiamond Pet Foodsサイトより
*NSFインターナショナルとは公衆衛生および安全機関 監査・承認をしています。

非常に高品質

高品質である理由の一つは自社工場での生産です。高品質の裏づけをもっと探してみます。

原料の仕入れ

工場での管理をち密にしても元々の原料がお粗末なら高品質とはいえません。ダイヤモンドドッグフードは原料を仕入れる先との長期契約により安全性、原料品質を確保しています。長期契約は入札により品質にばらつきがある懸念をなくし原料の安定供給を可能にします。

高品質への取り組みはどのようになっているでしょうか?

製品の管理

毎週1075回のマイコトキシン検査。マイコトキシンは穀物に発生する真菌由来の毒性物質です。穀物を使用した出荷前の製品を1時間ごとに検査しています。

微生物検査

ダイヤモンドドックフードは生産途中、完成品の衛生検査試験を通している。毎週1,300以上の微生物検知の検査をし、プロバイオティクスの製品は分析証明書がなければ使用しません。原料はサルモネラ菌陰性を証明できなければ使いません。他には脂肪、油の酸化安定性試験も実施しています。

水にこだわる

汚染物質を除去する逆浸透フィルターを使用し微生物の混入を防いでいます。有機化学物質・無機化学物質を排除しています。

空気を磨く

工場は原料、製品を扱う場所を厳格に分けています。空調はそれぞれ別に設けられているので空気が混ざる心配はありません。例えば原料を扱う工程の空気は製品を加工しているところには入りません。穀物を扱っているところの空気が他の区画に入ることはありません。

ICMSF(食物のための微生物学的仕様に関する国際委員会)基準

「食品の微生物学的安全性を評価し管理するために政府や業界にタイムリーかつ科学的な指針を提供すること」を目的にしているそうです。一口で言えば微生物の安全基準を紹介しています。

ダイヤモンドドックフードはこの基準を採用し、完成品を試験して、サンプルを12か月間保管しています。また、この検査をしていない製品は出荷しません
*「」内はICMSFより抜粋

2012年、菌の混入で製品の回収が行われました。サルモネラ菌が原因でした。このような事態を受け、製品管理がより厳格になされ、色々な取り組みをし高い品質を維持する努力をしています。

リーズナブル

品質に関してはダイヤモンド社の取り組み方が分かりました。実際に購入する際、費用対効果はどうなっているでしょうか?安い!でも、凄く良い!消費者としてはコスパが良いのに越したことはないですね。

お値段について調べてみました

通常価格で調べました。定期購入では10%程度ディスカウントされるところが多いです。1kgあたり、いくらかで並べてみました。サンプルは利用者が選んだ安全ランキング上位のペットフードを参考に比較しています。

●M ―――― 1980円/1㎏
●F ―――― 3518円/1㎏
●K ―――― 1980円/1㎏
●I ―――― 2600円/1㎏
●N ―――― 3529円/1㎏

さて、ダイヤモンドドッグフードには3種類あるのですが、1kgあたりのお値段をそれぞれ確認してみましょう。

●グレインフリーシリーズ(ダイアモンド社最上位商品)約470円/1㎏
●ナチュラルシリーズ(ダイヤモンド社中間グレード商品)このシリーズの中で一番値段の高いラージブリード パピーラム&ライスだと約377円/1㎏
●ダイヤモンドシリーズ(看板商品シリーズ)プレミアムアダルト約229円/1㎏

*ダイヤモンド社のペットフードの値段は「ルーセントウォーター」さんのお値段を参考にさせていただきました。お値段は販売店により幅がありますので購入の際は充分比較検討してください。
*参考販売店(ルーセントウォーター)さんはコンテナで大量仕入れされております。

高品質で値段が安い

驚きのお値段です。
多頭飼い、大型犬のドッグフードにお勧めです!ホームセンターの特売と比較してもリーズナブルです。パッケージの容量が大きいのが割安になっている理由の一つです。

ダイヤモンドシリーズは22.68kg。最早カートなしでは買いに行けない重量です。大容量は長所であり、短所でもありますね。一般的なパッケージで何袋も買わなくても済みますから多頭飼い、大型犬の飼い主さんにはありがたいサイズです。

無添加で安心な原料を使用

ドッグフードは安心で安全。栄養バランスが良く、美味しい、飽きないものを選びたいです。安かろう悪かろうでは困ります。愛犬は大切な大切な家族ですから、怪しいものは食べさせられません。

どんなものが良く、どんなものを避けるべきものなのでしょうか?私たち人はどんな食べ物を避けましょうと言われていますか?

「口に入れるのに抵抗を感じる食品」の角度から考えると保存料、人工調味料、着色料、香料などの添加物このあたりが気になります。愛犬も同じです。人に良くないものは使いたくないですよね。
成分表を確認すると、これらの添加物は使用していません。安心ですね

愛犬も人も食べたものででしか体は作られません。ちゃんとしたものが使われているのでしょうか?人が食べるのと変わらない肉・魚介類が原料であってほしいと思います。ペットフードの中には残念なことに人は絶対食べない原料を使用しているものがあります。

4Dというキーワードが出てきました。これは説明するのにも心苦しいものです。こちらでは説明するのはやめておこうと思います。概略をお伝えするなら病気だったものかもしれない、フレッシュではない、肥料にしかならない、決して人なら口にしないような原料を4Dと呼んでいます。

ダイヤモンド社のドッグフードは4Dの物は不使用です。4Dを使用せず、添加物をほぼ使用せず、低価格ということで他にはあまりないお勧めポイントです。

栄養士から見ても評価が高い

必須アミノ酸というものをご存知でしょうか?アミノ酸からタンパク質は作られるのですが体で合成出来きないので食べ物から摂るしかありません。必須アミノ酸が摂れなければタンパク質で出来ている様々なものが作られなくなります。

必須アミノ酸は人は9種類、犬は10種類必要としますダイヤモンドドックフードは必須アミノ酸を摂取するのに充分足りています。全日本動物専門教育協会では「犬の管理栄養士」とう資格を発行しています。犬の管理栄養士の評価でダイヤモンドドッグフードの中には危険性のあるものを見つけられなかったそうです。

ダイヤモンドドッグフードは添加物・4D・アレルゲンになる穀物(ダイヤモンドシリーズには数点使用あり)を使用していないので良質なペットフードです。ただし、人が食せる素材、原料なのかはホームページやパッケージを確認しましたがわかりませんでした。

必須アミノ酸が入っていればペットフードの評価はまずまず良好といえます。しかし、4Dのような危険なタンパク質からも必須アミノ酸は抽出可能ですから使わない姿勢は評価が高いですね。

穀物に関しては3グレードの種類の中、使用しているものもありますが高品質、リーズナブルのダイヤモンドナチュラル「グレインフリー」は穀物が含まれていません。

良いところばかりピックアップすると逆に弱点を知りたくなったりしますよね。ですから少々辛口に評価するポイントをあげます。

人が食べられるグレードの肉であるかの説明がありませんでした。ここはセールスポイントなので表現しないはずがないので人基準には達していないと判断します。ミールと書かれている食材がありました。ミールはどこの部位をどのように加工したものかの説明がありません。

塩に関して言うと犬は調味料をかけて食べません。添加があったので減点です。他に強いて言えば「油、トコフェノールでの保存」という部分、何の由来なのか?「風味」というのが何を使っているのかがはっきりしないようです。その分、評価が下がっているようです。丁寧に見ていって減点というようなポイントは見つかりませんでした。

豊富なシリーズ


ダイヤモンドドッグフードのラインナップは3種類あります。それぞれ、ニーズに合わせたラインナップがあります。4D不使用・添加物不使用・アレルゲンになる穀物があるか、ないかのなど3種類を確認します。

グレインフリー

ダイヤモンドドッグフードの最上位品質シリーズ
ビーフ、チキン、魚の3種類です。原料にこだわった高品質なドッグフードです。

牧草飼育の牛肉・サツマイモフォーミュラ
魚 穀物不使用 牧草飼育の牛肉タンパク質 一日中元気にエネルギーを補える考えられた炭水化物量
抗酸化物質と植物由来の栄養素 消化サポート繊維 タンパク質24% 脂肪14%

ケージフリーチキン・サツマイモフォーミュラ
穀物不使用 美味しいケージフリーチキン 一日中元気にエネルギーを補える考えられた炭水化物量
抗酸化物質と植物由来の栄養素 消化サポート繊維 タンパク質24% 脂肪14%

養殖でない魚・サツマイモフォーミュラ
穀物不使用 養殖でない魚 皮膚・被毛のためのオメガ脂肪酸
抗酸化物質と植物由来の栄養素 消化サポート繊維 タンパク質24% 脂肪14%

穀物ゼロにこだわった商品

一部の穀物は愛犬のアレルギー原因になることがあります。穀物を一切使わないことでアレルギー発症のリスクを回避しています。犬は穀物を消化する酵素アミラーゼ量が人に比べると少ないのです。全く、消化できないわけではないのですが愛犬の嗜好がタンパク質好きならば穀物除去のこの商品がお勧めです。

プロバイオティクス

善玉菌を配合しています。最近腸内フローラという言葉を耳にする機会が増えました。腸内フローラのバランスが良いと腸内環境が良くなりお腹が整います。免疫力が強くなり病気などへの耐性も強化されます。

タンパク質と脂質

タンパク質は牧草を食べて育った牛、檻に入れられていない鶏、養殖ではない魚を原料として丈夫な体が作られるように配合されています。脂質は最近、人でも注意が促されていますが愛犬にも良いものを食べさせたいですね。

オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸を配合したもの、亜麻仁油、鶏の脂肪、菜種油などを使用しています。

野菜

サツマイモ、グリーンピース、トマト、ブルーベリー、ラズベリーなどの植物由来の栄養素も含まれています。サツマイモは炭水化物ですが食物繊維とヤラピンという成分が便秘の解消に役立ちます。その他ビタミン類も豊富に含まれています。

酸化防止剤配合

添加物じゃないの?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが使われているものは栄養素です。セレンは必須ミネラル。ビタミンEも抗酸化に強い栄養素です。

ダイヤモンド

ダイヤモンドドックフードの代表的な商品です。一番お求めやすいお値段なのですがバランスの良いタンパク質量、脂肪など愛犬の必須栄養素を全て補えます。

6種類

ハイ・エナジー
運動量の多い犬種に最適 疲労を補うタンパク質、脂肪のバランスが良い。オメガ脂肪酸で皮膚・被毛を健やかに美しく保つ タンパク質24% 小麦あり

メンテナンス
一般的な活動量の犬用 成犬に過不足のない栄養 消化によい タンパク質22% 小麦あり

オリジナル
活動的な犬種で外出出来ない季節用 ビタミン・ミネラル・エネルギーのバランスが考えられている。オメガ脂肪酸で皮膚・被毛を健やかに美しく保つ タンパク質24% 小麦なし

パフォーマンス
運動量の多い犬・犬種向き タンパク質・脂肪が運動量の多い犬向き。オメガ脂肪酸で皮膚・被毛を健やかに美しく保つ タンパク質30% 小麦あり

プレミアムアダルト
牧羊犬・ショー・狩猟犬の飼育用。運動量の多い犬向けのプレミアムタイプ 筋肉・耐久性・エネルギーを強化 タンパク質26% 小麦あり

子犬
子犬もしくは妊娠・授乳中の高栄養が必要な犬向き 脳と目のためのDHA。成長に必要な必須栄養素 タンパク質31% 小麦あり

*以上6種類の説明はダイヤモンドドッグフードのホームページを参考にしています。*魚粉配合については資料がありませんでした。

必須ビタミン、必須ミネラルを配合。オメガ脂肪酸を使用。亜麻仁油、サーモン油、オメガ脂肪酸配合、関節や軟骨を健やかに保つためにグルコサミン、コンドロイチンを配合。愛犬にいつまでも元気に走り回ってほしいものです。

DHAはサーモンオイル由来です。目、脳を作る栄養素の一つ。ビートパルプは繊維質 腸の状態を整えるために配合されています。ビートパルプについては愛犬の嗜好や状況により変わりますのでよく確認して下さい。

ダイヤモンドナチュラル

22品種ありました。
それぞれ、タイプや嗜好、栄養などで対象になる犬種、パピーか成犬、活動量で選べるようになっています。

オールライフステージドッグ サーモン&ポテトフォーミュラ
皮膚が過敏で食品アレルギーの不安がある愛犬に 穀物不使用 抗酸化作用 タンパク質25%
アダルトドッグ ビスケット ウイズ ビーフミール
ビーフミール 形は歯を清潔に保つビスケットタイプ タンパク質15%
アダルトドッグ ビスケット ウイズ チキンミール
チキンミール 形は歯を清潔に保つビスケットタイプ タンパク質15%
アダルトドッグ ビスケット ウイズ ラムミール
ラムミール 形は歯を清潔に保つビスケットタイプ タンパク質15%
アダルトドッグ ビスケット ウイズ ピーナツバター
ピーナツバター 形は歯を清潔に保つビスケットタイプ タンパク質15%
ビーフディナー フォー アダルトドッグ&パピー
味と栄養を追及した牛肉タンパク質 ビタミン・ミネラル・スーパーフード
消化の補助 タンパク質10%
アダルトドッグ ビーフミール&ライスフォーミュラ
牧草飼育の牛肉 セレン・ビタミンE補完 オメガ6、オメガ3脂肪酸
スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質25%
チキンディナー フォー アダルトドッグ&パピー
チキンタンパク質 ビタミン、ミネラル、スーパーフードでの強化
プレバイオティックファイバーで消化の補助 9.5%
オールライフステージドッグ チキン&ライスフォーミュラ
ケージフリーチキン セレン、ビタミンE 補完
スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質26%
エクストリームアスリート アダルトドッグ チキン&ライスフォーミュラ
よく動く運動量の多い成犬 ケージフリーチキン タンパク質と脂肪バランスが良い
スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質32%
ラムディナー フォー アダルトドッグ&パピー
ラム肉 ビタミン・ミネラル・スーパーフード
プレバイオティックファイバー添加 タンパク質9.5%
アダルトドッグ ラムミール&ライスフォーミュラ
牧草飼育のラム セレン・ビタミンE オメガ6・オメガ3脂肪酸
スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質23%
ラージブリードアダルトドッグ チキン&ライスフォーミュラ
ケージフリーチキン 大型犬に必要な栄養 グルコサミン・コンドロイチン
オメガ6・オメガ3脂肪酸 スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質23%
ラージブリードアダルトドッグ ラムミール&ライスフォーミュラ
牧草飼育ラム 大型犬に必要な栄養素 グルコサミン・コンドロイチン
オメガ6・オメガ3脂肪酸 スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質22%
ラージブリード ビスケット ウイズ チキンミール
グルコサミンによって関節ケア、美味しいチキンミール
形は歯を清潔に保つビスケットタイプ タンパク質15.5%
ラージブリードパピー ラム&ライス&ベジタブルフォーミュラ
骨・関節のためのカルシウム・リン 脳と目のためのDHA L-カルニチンは脂肪燃焼
スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質27%
ライトアダルトドッグ ラムミール&ライスフォーミュラ
活動的でない、体重オーバーの成犬用 牧草飼育ラム L-カルニチンは脂肪燃焼
グルコサミン・コンドロイチン スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質18%
パピービスケット、ウイズ チキンミール
チキンミール 子犬の小さな口でも食べやすい 形は歯を清潔に保つビスケットタイプ
タンパク質15%
シニアドッグ チキン、エッグ、オートミールフォーミュラ
老犬に必要な栄養 消化のためのプロバイオティクス・繊維質
グルコサミン・コンドロイチン スーパーフード・セレン・ビタミンEで抗酸化作用 タンパク質25%%
スモールブリードアダルトドッグ チキン&ライスフォーミュラ
ケージフリーチキン 食べやすくプラークを減らす 小型犬に必要な栄養素
スーパーフード・プロバイオティクス強化 タンパク質27%
スモールブリードアダルトドッグ ラム&ライスフォーミュラ
牧草飼育ラム 食べやすくプラークを減らす 小型犬に必要な栄養素
スーパーフード・プロバイオティクス強化 タンパク質25%
スモールブリードパピー チキン&ライスフォーミュラ
子犬・看護中の成犬 子犬の小さな口でも食べやすい 脳と目のためのDHA
成長期のための脂肪・タンパク質、必須栄養素
スーパーフードとプロバイオティクス強化 タンパク質32%

以上22タイプです。
*こちらはダイヤモンド社のホームページから参考にさせていただきました。

大まかな説明は以下の通りです。プロバイオティクスは腸内環境を改善し腸内フローラのバランスをより良くし、免疫、消化機能を強化します。抗酸化作用の高い栄養 ケール、チアシード、カボチャ、ブルベリーなどのポリフェノールが豊富なスーパーフードを使用し、免疫力アップと栄養のバランスをより完成した形に整えます。

オメガ脂肪酸は皮膚、被毛を健やかに保ち、グルコサミン・コンドロイチンは関節を健康に保ちます。チアシード、カボチャ、ケルプ、ココナツは可溶性食物繊維、不溶性食物繊維を含み健康な排泄のために配合されています。チコリを加えることで消化器サポートが期待できます。

鶏、子羊、牛これらはケージフリーの鶏、牧草を食べて育った羊・牛です。高品質なタンパク質を摂取することが可能になります。小麦粉不使用 添加物は不使用。

シニア用

ダイヤモンドドッグフードでシニア用のフードがあるか再確認してみました。「ダイヤモンドナチュラルズ」のシリーズにシニア犬向けのドッグフードがあります。説明済みではありますが老犬に優しい栄養バランスです。

チキン、卵とオートミールのフォーミュラ。老犬に必要な栄養素を配合 消化を助けるためにプロバイオティクス、食物繊維を配合。関節を保護する目的でグルコサミン・コンドロイチンを配合。スーパーフード、セレン、ビタミンEで抗酸化物質を補います。

AAFCO声明 ダイヤモンドナチュラルズシニア犬チキン、エッグ&オートミールフォーミュラは、メンテナンスのためにAAFCOドッグフード栄養素プロフィールによって確立された栄養レベルを満たすように配合されています

ダイヤモンド社の商品の材料、成分の詳細から抜粋しています。
*AAFCOは栄養、表示方法について一定基準を提案しており日本のペットフード業界もこちらの基準に沿っています (AAFCO=米国飼料検査官協会)

安全で栄養価が高い


愛犬に元気でいてほしい!食べさせたもので後悔したくない!家族ですから、栄養について気になりますよね。犬種・運動量・年齢にもよりますがドッグフードを与える際ちゃんとした栄養があるのかが心配です。

ダイヤモンドドッグフードは動物性たんぱく質を使用量が多く、それぞれのシリーズで説明した通り、栄養のバランスに配慮しています。犬はもともと肉食の動物です。本来なら炭水化物(糖質)は多くなくてもいいのです。ダイエットにご興味ある方ならご存知かもしれませんがGI値というものがあります。ドッグフードに一般的に使われる穀物でGI値の高い炭水化物(糖質)を紹介します。

小麦・米・トウモロコシです。中でも小麦に関してはアレルゲンになったり、人ならばグルテン不耐性が心配されます 犬もグルテンに過敏な場合は消化機能が下がります。ダイヤモンドドッグフードの「ダイヤモンドナチュラルズ」「グレインフリー」は小麦不使用です。スーパーフードとしてチアシードなどを原料に使っていますが「グレインフリー」の3種類はチアシードも穀物として排除しています。

血糖値が急に上がりすぎるのは人間でいう糖尿病の引き金にもなりかねません。安全なグレインフリーのドッグフードは安全度上位のもので比較しても、あまり多くありません。そういう点でダイヤモンドドッグフードは優れています。

主原料は牛肉

「ビーフディナーフォーアダルトドッグ&パピー」「アダルトドッグ ビーフミール&ライスフォーミュラ」特にこの2つは牧草飼育された牛肉タンパクを使用しています。4Dのように出どころもわからない、どこの部位が混入しているかわからない牛肉ではありません

人工添加物不使用

怖い添加物について考えてみましょう。人には使われていなくてもドッグフードには保存のために使われていることが多いのです。日本では使用許可が下りていないものも海外では使用されています。

酸化防止剤・防腐剤

BHA・BHTは人の食品にも添加されたりしていますが、発がん物質の疑いがあります。エトキシキン 日本では許可が下りていません。ダイヤモンドドッグフードを検討中の方で日本製ではないドッグフードを給餌している方は表示を確認してみてくださいね。

着色剤

人はキレイな色がついている方が食欲が増します。でも、よく考えてください愛犬は黄色、青色、そのあたりの色しか見えません。肉などが美味しそうに見える色、赤はグレーに退色して見えます。

愛犬が喜んで食べそうだからと言って、着色しているものは選ばないでください。□色□号などの記載があるとしたらそれは合成着色料です。アレルギー、発がんなど発症の疑いがあります。

甘味料

犬も甘みは感じます。よく食べてもらうためにドッグフード会社も工夫をしているのですが人工甘味料は危険です。人工甘味料は人にも使われていますがキシリトールなど犬にとっては毒物でしかないものもあります

コーンシロップ 読むからに甘そうですが摂りすぎると糖尿病のリスクがあります。ビートパルプ サトウダイコンから砂糖を取った残りかすです。ほのかに甘いのでドッグフードに混ぜられます。*ダイヤモンドドッグフードではビートパルプを配合しています。ビートパルプさえなければ相当評価が高いです。

ペットフードを購入する際はこれらの添加物を確認して下さいね。リーズナブルなお値段で添加物の少ないものをありますのでじっくり選んでいただきたいと思います。

天然の酸化防止剤使用

ダイヤモンドドッグフードで抗酸化物質として使用しているものは抗酸化作用の高い栄養を含むものです。野菜ではケール、チアシード、カボチャ、ブルベリーなどがあげられます。

野菜以外ではスーパーフード、セレン、ビタミンEで抗酸化物質を補います。添加物じゃないの?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが使われているものは栄養素です。セレンは必須ミネラルですしビタミンEも抗酸化に強い栄養素です。

高タンパク

「栄養価」の項目で触れましたが犬は肉食動物です。犬の消化器官は肉(タンパク質)・脂質を消化吸収するのにむいています。人以上にタンパク質を必要としていますから高タンパクのドッグフードを選びたいものです。

ダイヤモンドドッグフードは高たんぱくがウリで「ダイヤモンド」シリーズ6種は24%~31%のタンパク質を含みます。*「ダイヤモンドナチュラル」は年齢・犬種・運動量などでタンパク質含有量が違います。

良い口コミが多い


メリットを並べ立てても、実際はユーザーの声にか真実が見えません。実際に愛犬に食べさせている人の感想を拾ってみました。

栄養バランスがとても良い

ダイアモンドナチュラルズSENIOR #dogfood#セール#幸せ#cute
ダイヤモンド(R)ナチュラルズ大型犬種子犬ドライドッグフードダイヤモンドペットフードは最高品質を特徴としています…翻訳ソフトにて

うちの子は元気すぎるぐらいで、よく走り回りまわっています。栄養が多い食べ物をあげたいと探してました。
ダイヤモンドのグレインフリーはとってもいいみたい。添加物もありませんからアレルギーのある犬には良いと思います。
知り合いにもお勧めしてました
AMAZON.COMレビューより

2015/10
アダルトビーフというのを買いました。うちのビーグル2匹は穀物入りが嫌いなので入っていれば食べません。ですけどトウモロコシや小麦が入っていなければ食べるとわかりました。
これはとってもよく食べてくれます。フードの大きさはチワワちゃんとかだったらちょっと大きいのかなと思いますがビーグルにはぴったりです。リーズナブルで品質もよさそう
AMAZON.COMレビューより

2017年4月
大型犬を2匹飼っています…アダルトビーフはものが良いと思いました。
高タンパクと高脂肪は絶対だと思っていたから実際に手頃な価格だったのでありがたいです。だいたい、20日くらいで食べきります。
AMAZON.COMレビューより

食いつきが良い

「@TractorSupplyと#diamonddogfood私たちはあなたの食べ物、柔らかいスナック菓子、ジューシーなパック、そしてカリカリに永遠に感謝しています!私の🐕子犬はあなたの食事と軽食のおかげで健康に良いです!彼女の消化にとてもおいしかったです」翻訳ソフトにて

ボクサー犬が3匹います。ペットフードをダイヤモンドに切り替えました。3匹とも袋を開けるのを座って待っていたのですが開けて出してあげた瞬間
勢いよく食べました!!あれから数袋分試しましたがダイヤモンドに満足しています。

ご飯のお皿には何も残らないのが嬉しいです!!うちの子のためにダイヤモンドで行きたいと思います。他のブランドよりも安くてで製品も良いと思いますねAMAZON.COMレビューより

グレインフリーで安心

私はホームセンターやペットショップでドッグフードを買ってました。
よく知っているブランドが「良い」と思って食べさせていたのですがそうではなかったようです。

うちのワンコはアレルギーなので痒がって、毛が抜けているところもありました。兄が穀物なしのが良いらしいよと聞いてきたのでこちらに変えることにしました。
劇的としか言えないくらい良くなっています。価格が安いのも選んだ理由です。もう少し小さなパッケージだといいなと思います。AMAZON.COMレビューより

まとめ


ダイヤモンドドッグフードは高品質でお財布にも優しいです。愛犬がよく食べるとか多頭飼いをしているならお勧めなドッグフードです。

特にダイアモンドドッグフードの上位商品である「グレインフリー」は安心・安全の高品質の上、他に比べられないほどリーズナブルです。健康で長生きしてもらいましょう!あなたの愛犬が元気でありますように願っています。

ダイアモンドドッグフード以外のおすすめドッグフード

アンドペット編集部が厳選したおすすめのドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワンイメージ画像
モグワンは食いつきの良さを重視して作られたドッグフードです。
愛犬の健康を考えて無添加の栄養価の高いドッグフードを買ってみたけれども、なかなか食べてくれない…そんな経験をしたことはありませんか?
モグワンは高い栄養価を目指すべく原材料にこだわり抜きながらも、食いつきの良さも両立しました。
ダイヤモンドドッグフードと同じく、原材料はヒューマングレード、動物性タンパク質は50%以上・グレインフリー・無添加と健康を意識したドッグフードに必要な要素を全て詰め込みながらも、満足のいく食いつきを実現

ダイヤモンドドッグフードとの成分的な違いは主原料がチキンと言う点でしょうか。
愛犬には健康的な食事をしてほしいけれど、毎日喜んでごはんを食べてほしいという飼い主の方におすすめのドッグフードです。

今なら公式HPから購入すると初回1袋半額のキャンペーンもあるので、ぜひ公式HPよりお申し込みください。

公式ページ

基本情報

参考価格:1.8kg 3,960円(税込)

アンドペットに寄せられた口コミ

「食欲が上がり、排便も毎日ありました。」
このドッグフードに変えてから、毎日の食事が大好きになったようでそれまでは小食だと思っていたのですが、ただドッグフードがおいしくなかったんだと思うともっと早くにこのドッグフードに変えればよかったと思いました。また、排便も毎日あるようになり、人間だけでなく、動物も腸内環境を整えることは大事だなと思いましたし、ジッパーがついているので保存がしやすく、ドッグフードが湿気たりしないのでとても良いなと思いました。

「愛犬のドッグフードは真剣に選びたいもの」
家のワンコはよく便秘がちになるタイプで、犬用の市販サプリメントとかお水を替えてみたりとかできる事を片っ端から試していましたが余り改善されませんでした。ちゃんとお散歩に行っても排便をせず、深夜とかにクンクン鳴き出して外へ出たがる感じがあって案の定排便の要求。これでは飼い主も疲れてしまうと思いドッグフードを替えようと思っていた時にインターネットネットでモグワンを見つけ良さそうだと期待して購入しました。その日からフードをしっかりと食べて翌日の朝の散歩では快便を達成し夜間も落ち着いてよく眠れるようで本当に良かったです。フードは大切ですね。

詳細ページ公式ページ

アカナ

アカナイメージ画像
アカナは世界中のペット愛好家から信頼されているドッグフード。ベースとなっている肉以外にも魚、野菜等もカナダで取れた新鮮な原材料のみを使っており、保存料も未使用です。
もともと肉食の犬本来の自然な食事を再現した高タンパク質な栄養満点のドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 5,724円(税込)

アンドペットに寄せられた口コミ

「とてもおいしそうに食べてくれます」
現在、利用しているドックフードがアカナです。いろいろなドックフードを試してみましたが、一番よくだべてくれるのがこのドックフードでした。自分は柴犬をかっており、大豆に少しアレルギー反応がありましたがこのドックフードはグレインフリーですので穀物アレルギーもちでも安心して与えることができました。また実際に使用してある材料の部位や含まれる割合とかもしっかりと記載してあるのでそこも安心感がありとてもいいドックフードだと感じています。

詳細ページ公式ページ

カナガン

カナガンイメージ画像
カナガンはペットの本場イギリス産のプレミアムドッグフードです。グレインフリー(穀物不使用)、ヒューマングレード、添加物の不使用と愛犬の健康を守るには欠かせない原料へのこだわりが特徴。
全犬種の全ライフステージに対応していますが、粒が小さく食べやすいので、子犬や小型犬に与えるのに適しています。
愛くるしい小型犬に、健康な食事をして長生きしてほしい飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 3,960円(税込)

アンドペットに寄せられた口コミ

「味よし、栄養良し、品質良し」
愛犬のために、もう少し良いフードを、と考えた時に、カナガンにたどり着きました。味に関しては、愛犬の食いつきを見れば一目瞭然です。「食」を堪能してる様子がひしひしと伝わってきます。そこに、しっかりとした栄養素が備わっており、なおかつ品質面も優れているのがカナガンのいいところ。現状、ドッグフードの中でも1,2を争う素晴らしい商品である事に疑いの余地はありません。というわけで、愛犬のためにもこれからもリピートし続けます。

詳細ページ公式ページ

こちらもおすすめ