おすすめドッグフード

カナガンのドッグフードやキャットフードの特徴と選ばれる理由

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

イギリス生まれのドッグフードやキャットフードとして高い人気を誇っているペットフードにカナガンがあります。

今回は、カナガンが選ばれる理由とカナガンの大きな特徴などについて紹介していきたいと思います。

カナガンのドッグフード

カナガンはイギリスで開発され、販売されているドッグフードです。カナガンのドッグフードは犬にとって必要な栄養をしっかりと摂取できるように作られていて、使用されている食材は人間用としても使用できるほどの高品質の食材を厳選して使用されています。

犬にとって必要なものはしっかりと摂取できるように作られている一方で、犬にとって必要ではないと考えられるものは一切省き、犬が健康を維持できるように配慮されています。

カナガンチキン

カナガンチキンはチキンを主原料にし、犬にとって理想的で消化しやすい食餌を実現しています。また、犬にとってあまり栄養価値が少ない穀類を一切使用していないグレインフリーのドッグフードでもあります。

小粒で食べやすいので、仔犬や小型犬、超小型犬でも食べやすいドッグフードをしています。

ドッグフードの中には仔犬用であったり、成犬用、老犬用などのライフステージに合わせたものや、柴犬やチワワなど特定の犬種を対象としたドッグフードがあります。

カナガンチキンは全ての犬種、全ての年齢で食べる事ができるので、アレルギーなどの問題が起こらない限り、成長によって変える必要がありません。

カナガンチキンウェットタイプ

新鮮なチキンを主原料とし、厳選した野菜をバランスよく配合し、高品質で栄養をしっかりと摂取できる食餌を実現しています。カナガンチキンと同じく、穀類を使用しないグレインフリーであり、全犬種、全年齢で使用する事ができます。

栄養価値が高いので、カナガンチキンウェットタイプを主食として使用する事もできますし、他のドライタイプのドッグフードのトッピングとしても使用できます。

 

カナガンドッグビスケット サーモン

上質なサーモンを主原料で、脂質が低く、カロリーを抑えたい飼い主におすすめなおやつです。関節をサポートするコンドロイチンやグルコサミン、メチルスルフォニルメタンを配合しています。

噛み応えがあるビスケットですが、硬すぎる事はなく、手で割る事ができるほどの硬さなので、小型犬や仔犬でも食べやすくできています。おやつとしてだけではなく、いつもの食餌にトッピングする事で、いつもとは一味違う食餌にする事ができます。

公式ページ

カナガンの特徴

カナガンにはいくつもの愛犬家や愛猫家にとっては嬉しい特徴があります。その1つ1つを詳しく紹介していきたいと思います。

安心安全な品質管理

スーパーマーケットのような一般的な店舗では販売されていません。品質が低下しないようにする為です。

カナガンは一般の家庭に届くまでに2回も品質テストを行い、生産の前後にテストを行う事で品質が低下しないようにしてます。また、原材料がどこで調達されているのか、調達された日時を完璧に把握できているので、安心して愛犬や愛猫に食べさせる事ができます。

製造するのも注文を受けてからで、そうする事で作り置きが全くありません。品質の高い状態で各家庭に届けるようにしています。

グレインフリーへのこだわり

犬や猫にとって小麦や大豆などの穀類を消化する為の体にはなっていません。大きな要素は2つあり、口の中のアミラーゼという酵素と長い消化器官が必要不可欠です。この2つの要素を犬や猫は十分には持っておらず、大量に消化する事ができません。

また、穀物はアレルギーの原因となることが多いです。そのため、カナガンでは穀類を一切使用しないフード作りをしています

カナガンの値段

カナガンは2kg入り1袋3960円で100gあたり198円です。ドッグフードの値段には製品により大きな差があり、100gあたり100円以下のものもありますが、安いドッグフードは原価の安い穀物を主原料に使っていることがほとんどです。

カナガンはヒューマングレードでグレインフリーのプレミアムドッグフードということを考慮すると値段は高くはありません。また、カナガンをよりお得に購入するには次にご紹介する定期便という方法があります。

定期便ならお得に買える

通販でのみ購入できるカナガンですが、1袋ずつ購入する方法と定期コースで購入する方法があります。

カナガンをよく利用する場合は定期コースが便利・お得で、毎回最大20%オフとなります。また、10000円以上購入で送料や代引き手数料が無料となります。カナガンチキンが1袋3960円なので3袋同時に購入すれば送料や代引き手数料をかけずに購入する事ができます。

定期コースの場合には、止めない限り定期的に家に届くので、ドッグフードを買い忘れて「ペットフードがない!」という事を防ぐ事ができます。また、定期コースは購入する個数や周期を選ぶ事ができる上に、いつでも定期コースを止めることも再開することもできます。

公式ページ

カナガンの原材料

カナガンの原材料は人用としても使用できるほどの高品質な食材を厳選して使用しています。ここでは、そんなカナガンで使用されている原材料の一部を紹介していきたいと思います。

栄養価の高いチキンを使用したドッグフード

カナガンの主原料であるチキンは、骨抜きチキン生肉と乾燥チキンが使用されています。このチキンは、ストレスがかからないような飼育方法で飼育されたイギリス最高級の平飼いチキンを使用しています。

消化が良いチキンの生肉をミンチにして蒸し焼きにし、それに乾燥チキンをブレンドしたものを使用しています。チキンは動物性タンパク質である事だけでなく、ビタミンやセレンなどの栄養がたっぷりと含まれています。

セレンは、心臓病やがんを予防する手助けをしたり、甲状腺が正常に働いてくれる手助けをしてくれる栄養です。

美しい毛並みや健康的な皮膚を維持する事に効果がある鶏脂や、ナチュラルな香料であるチキングレイビー、EPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれるサーモンオイル、消化が良いサツマイモ、整腸作用がある食物繊維があるリンゴなどが含まれています。

老犬や関節が弱い犬には嬉しいグルコサミンやコンドロイチンが含まれていたり、自然の酸化防止剤としてビタミンEを使用しています。

公式ページ

カナガンの口コミ

アンドペットに寄せられたカナガンの口コミを紹介します。

カナガンの評価:★★★★☆
絶対残しません

歳をとったせいかあまり食欲がなかったのですが、このドッグフードにしてからは残さず食べるようになりました。歯も弱くなってきているのですが、ちゃんと噛んで食べるようになったので安心です。うんちの状態もよく、便秘もありません。健康状態が良くなってくれた点でも安心しています。ちょっとお値段がお高いのですが、安心感にはかえられません。

飼い主:tea
犬種:トイプードル
犬の年齢:13歳

カナガンの評価:★★★★☆
顎の弱い子でもちゃんと食べられます

パピーミルから保護された、推定年齢1歳のチワプーを引き取ったのですが、とにかく衰弱しており、顎の力が缶詰食をやっと食べられるくらいしかありませんでした。そんな状態で色々なドッグフードを試してみたところ、カナガンチキンが最も食い付きが良く、しっかりと食べることか出来ました。最初のうちは、流石に水を混ぜて少しふやかしていましたが、今ではふやかさずにドッグフードのままで食べ切る事が出来るように逞しくなってくれました。

飼い主:かながわん
犬種:チワプー
犬の年齢:2歳

カナガンの評価:★★★★☆
涙焼けがマシになりました

生まれつきアトピー体質のチワワで、目元の毛が薄いのに涙焼けはしっかり着いてしまう感じでした。それがとても気になり、通っているトリミングサロンのトリマーさんや動物病院の方にお話しを聞き、カナガンを使い始めました。カナガンの前に何種類か試していましたが中々効果がなく、今回もあまり期待はしていませんでしたが、与えて行くうちに少しずつ色が薄くなり、気にぬらない程度に治りました。食い付きもよく皮膚の調子も良いのでずっと使っています。

飼い主:ふくここ
犬種:チワワ
犬の年齢:2歳

カナガンの評価:★★★★★
味よし、栄養良し、品質良し

愛犬のために、もう少し良いフードを、と考えた時に、カナガンにたどり着きました。味に関しては、食いつきを見れば一目瞭然です。しっかりとした栄養素も備わっており、なおかつ品質面も優れているのがカナガンのいいところだと感じています。現状、ドッグフードの中でも1,2を争う素晴らしい商品だと感じています。愛犬のためにこれからも購入を続けたいと思います。

飼い主:もっちー
犬種:トイプードル
犬の年齢:2歳

カナガンの評価:★★☆☆☆
食べない

食べるときと食べないときの差がよくありましたが、食べないときのほうが多かったです。たくさん散歩をしたり、遊んであげたりした日はお腹がペコペコなのか食いつきは良かったのですが、そうでない日はウェットフードや好物の野菜を入れてあげないと食べませんでした。ひどいときは好物の野菜やウェットフードだけしか食べないときもありました。一日かけて食べきることもあり、夏になると捨てることもよくありました。現在は違うものに変えてよく食べてくれています。

飼い主:もえか
犬種:トイプードル
犬の年齢:0歳

カナガンの評価:★★★★★
今でも飽きずに最初と同じ食い付きです。

アレルギーがひどかったので、少し高いですが愛犬のためをおもってカナガンを購入してみました。びっくりするくらい食いつきが良かったです。それ以前は、脇周りが赤くなり毛が抜けてましたが、カナガンに変えてからアレルギーもだいぶ良くなりました。食いつきが良すぎるので気になり一粒食べてみましたが普通に人間でも食べられるものでした。今でも5袋定期購入しており、愛犬には欠かせないドッグフードとなっています。飽きずに今でも同じ食いつきでいてくれてます。

飼い主:西野村
犬種:フレンチブルドッグ
犬の年齢:3歳

カナガンの評価:★★★★☆
品質は良い

香料や着色料が入っておらずワンちゃんの体にとっても良いフードだと思いました。食いつきの悪い子でもカナガンは、チキンの匂いがとても強いので食いつきはいいと思います。小粒で小型犬からしても食べやすい大きさですし、ふやかしたりすると匂いも倍増されるので食欲倍増になると思われます。食欲だけではなく毛並みも私のトイプードルは毛艶がよくなった気がしました。ただお値段は安くはないので多頭飼いしてる私の家ではなかなか続けれなかったです。

飼い主:みずきち
犬種:トイプードル
犬の年齢:3歳

カナガンの評価:★★★★☆
あまり食べないチワワが食べてくれた

私が飼っているチワワは、少食でほとんどドッグフードを食べてくれませんでした。人間の食べるものなら食べるのですが、塩分過多になったりすることもあるので、心配をしていました。そこで、様々なサイトでの評価を見てこのドッグフードを買ってみることにしました。食い付きがいいという口コミを見て与えたくなりました。実際にとても食い付きがいいので、ほっとしています。

飼い主:まり
犬種:チワワ
犬の年齢:3歳

カナガンの評価:★★★★★
老犬でも食べやすそうでした

年齢を重ねるにつれて、ドッグフードの食いつきが悪くなってきたことに加え、栄養面が気になったため、友人が栄養面で優れているとすすめてくれたカナガンのドッグフードを試すことになりました。栄養面にも配慮されているので老犬に与える場合でも安心して食べさせることができます。さらに、粒が小さくかみ砕きやすそうにしていたり、ドライタイプとウェットタイプを混ぜることで、食いつきが良くなった気もしており満足しています。

飼い主:しーさん
犬種:ラブラドール
犬の年齢:10歳

カナガンの評価:★★★★☆
便の回数が増えました

食物繊維が多く含まれているため、非常に便通が良くなり、体の老廃物をよく排出している印象があります。 こちらのドッグフードに変えてからエサ皿に開ける音を聞いてだけで飛びついてくるようになり、食いつきが変わったのがよく分かります。それでいて、以前のエサを与えていた時よりも元気になったと感じています。

飼い主:すねいく
犬種:ミニチュアダックス
犬の年齢:4歳

公式ページ

成長に合わせて適量を与える

カナガンを愛犬や愛猫に与える際にはどのくらいの量が適量なのでしょうか?他のドッグフードやキャットフードと同じでいいのでしょうか?

カナガンは1粒の栄養価値が高いので、他のドッグフードやキャットフードと同じように与えてしまうと、すぐに太ってしまいます。
少しふっくらするくらいならいいですが、肥満体形まで太ってしまうと多くの病気を招く結果となり、健康を害することになってしまいます。

なので、カナガンを与える際には今までのドッグフードやキャットフードより少し量を減らして食べさせてみて、体重の増減によって調節するようにしましょう。

また、他のドッグフードやキャットフードからカナガンへ変更しようとする場合には、100%すぐに変えてしまうと犬や猫の体がびっくりして、消化不良を起こし、中には食べてくれない事もあります。

そこで、他のドッグフードやキャットフードから変更する際には、元のドッグフードやキャットフードとカナガンの比率を9:1にし、食べて問題がなければ少しずつカナガンの比率を高めていき、10日ほどをかけて変更していくようにします。

ただ、アレルギーなどの問題があって変更する場合には元のドッグフードやキャットフードを食べさせるわけにはいかないので、すぐに変更するようにしましょう。

成犬

成犬の目安としては、体重3~10㎏の小型犬や超小型犬の場合は35~190g、10~20㎏の中型犬は200~290g、20㎏以上の大型犬や超大型犬は300~475gを1日2回に分けて与えます。

仔犬

仔犬の目安としては、超小型犬の場合には生後2~3か月には65gを1日3回に分けて与えて、生後4か月を超えたら10gほど増やして生後1年ほどで成犬と同じ量を与えていくようにします。

小型犬の場合には生後2~3か月で145gを1日3回に分けて与えて、生後6か月を超えたら180gほどを与えるようにして、生後14か月を超えたら成犬と同じ量を与えるようにします。

中型犬の場合は生後2~3か月で215gを1日3回に分けて与えて、生後16か月過ぎたら成犬と同じ量を与えるようにします。

大型犬や超大型犬の場合は、生後2~3か月で385gを1日3回に分けて与えて、生後18か月を超えたら成犬と同じ量を与えるようにします。

犬は犬種によって大きさが違うので、成犬になるスピードも変わってきます。なので、全ての犬が同じ時期に成犬になるわけではないので、成犬と同じ量を与える時期は体格によって変わってきます。

成猫

猫の場合は犬と違って体格にそこまでの違いがありませんが、一応体重の大きさによって食餌量が変わってきます。

体重2.5㎏以下の猫の場合は25~35gを1日2回に分けて食べさせます。体重3.5㎏までの猫の場合は35~45g、4.5㎏までの猫の場合は45~60g、4.5㎏以上の猫の場合は60g以上を食べさせていきます。

仔猫

仔猫の場合は、生後2か月以下の場合は20~30g、生後4か月までの場合は30~55g、生後6か月までの場合は55~75g、12か月までの場合は75g以上を1日3回に分けて食べさせていきます。

生後12か月を超えたら性病に合わせて食べさせていきます。

公式ページ

まとめ

イギリスで開発、製造されたドッグフードで、数多くの飼い主や家族、犬や猫に選ばれているペットフードです。犬や猫にとって健康被害を及ぼす危険性があるものを一切含まずに、犬や猫にとって必要なものをバランスよく配合する事を目指して作られたペットフードです。

おいしさも追及しているので、食いつきがよく、一生涯付き合っていけるペットフードです。愛犬や愛猫が食餌の食いつきが悪いと感じる飼い主や家族にはお勧めです。

カナガン以外のおすすめのドッグフード

アンドペット編集部が厳選したカナガン以外のおすすめのドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワンイメージ画像
モグワンはカナガンのスタッフがカナガンの栄養の高さをそのままに、食いつきの良さも重視して作られたドッグフードです。
愛犬の健康を考えて無添加の栄養価の高いドッグフードを買ってみたけれども、なかなか食べてくれない…そんな経験をしたことはありませんか?
モグワンは高い栄養価を目指すべく原材料にこだわり抜きながらも、食いつきの良さも両立しました。
原材料はヒューマングレード、動物性タンパク質は50%以上・グレインフリー・無添加と健康を意識したドッグフードに必要な要素を全て詰め込みながらも、満足のいく食いつきを実現。
愛犬には健康的な食事をしてほしいけれど、毎日喜んでごはんを食べてほしいという飼い主の方におすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:1.8kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

アカナ

アカナイメージ画像
アカナは世界中のペット愛好家から信頼されているドッグフード。ベースとなっている肉以外にも魚、野菜等もカナダで取れた新鮮な原材料のみを使っており、保存料も未使用。
もともと肉食の犬本来の自然な食事を再現した高タンパク質な栄養満点のドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 5,724円(税込)

詳細ページ公式ページ

ピッコロ

ピッコロイメージ画像
ピッコロはシニア犬向けに開発されたドッグフードです。美味しさと健康の両方を追求しており、大切な愛犬の健康をサポートしてくれます。

基本情報

参考価格:1.5kg 3,850円(税込)

公式ページ

こちらもおすすめ