おすすめドッグフード

愛犬には体に優しいドッグフードを!モッピーの特徴を徹底解説!

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

モッピーは、原料から製法までこだわった安心・安全なドッグフードです。しかも、コストパフォーマンスがいいので、多くの多頭飼いのオーナーさんからも支持されています。モッピーの魅力をご紹介していきましょう。

モッピーのこだわり

モッピーは原料から製法までこだわったオーストラリア産のドッグフードです。高温多湿で、外国のように運動するスペースが少ない日本の風土や環境に合わせて、水分を控えめに製造するといったきめ細かな配慮がされています。そのほかにも、いくつかのモッピーのこだわりがあるので、ご紹介しましょう。

アレルギーに配慮

ドッグフードによって、アレルギー症状を引き起こす犬は多くいます。たとえば「皮膚が赤くなる」「脱毛する」「鼻水が出る」「目やにが出る」などです。

モッピーは、肉類の中でもとくにアレルゲンになりにくい「ラム肉」を使用しており、穀物では「ライス」を主原料としてチョイスしているため愛犬がアレルギーになりにくい配合になっています。

アレルギーについて詳しくは下の記事で解説していますのでぜひご覧ください。

毛並みの光沢を保つ

モッピーには、「菜種油」「ひまわり油」「魚油」「亜麻仁油」といった良質なオイルを配合。
さらに、「パントテン酸」「ピリドキシン」「ビオチン」といったビタミン類や「亜鉛」を配合し、愛犬の皮膚の健康をサポートし、毛並みの光沢を保ちます。

高い嗜好性

モッピーには、他のドッグフードにはあまり見られない「コプラミール」が配合されています。コプラミールは、ココナッツミルクやココナッツオイルを搾り取った残りのカスのことですが、非常に高い栄養価のある食材です。

栄養価が高いだけでなく、コプラミールには犬の嗜好性が高いということがわかっています。エサの食いつきを良くするために人工的な香料を使っているドッグフードも見かけますが、モッピーは天然成分を使って、高い嗜好性を実現しています。

天然の酸化防止剤

ドッグフードには、品質を保持するために酸化防止剤が使用されています。ドッグフードを日持ちさせるためには、酸化防止剤は欠かせないものです。しかし、化学薬品を使用した酸化防止剤を大量に使うことで、ガンやアレルギーの発症などの健康被害が危惧されます。

モッピーでは、この酸化防止剤に「Naturox」という天然由来の成分を使用しています。「天然トコフェロール」「ローズマリー」からの抽出物から作られており、安全にこだわっています。

ラインナップ

モッピーは、子犬から、成犬、シニア犬と愛犬のライフステージに合わせて4種類のラインナップが用意されています。さらに、それぞれにラインナップには犬種によって粒の大きさが選べるなど、うれしい配慮がされています。

レギュラー

1歳以上の一般の成犬用のドッグフードになります。代謝エネルギーは100gあたり320kcalになります。

モッピーレギュラーの特徴は、成犬になって代謝がピークを越えたことで、肥満になることを防ぎます。通常のドッグフードに比べると、栄養価はそのまま維持しながら、カロリーを抑え気味に作られています。

ライトエナジー

1歳以上の一般の成犬用ですが、少々肥満気味の子に与えたいドッグフードです。代謝エネルギーは100gあたり295kcalとカロリーを抑えています。

犬の肥満は、人間と同じように内臓や関節などにさまざまな悪影響を及ぼします。早めの対策が必要です。ダイエットの基本は食事と運動ですが、モッピーライトエナジーは、カロリーを低く抑えているので、同じ量を食べても太りにくく、体重管理がしやすくなります。

ハイエナジー

子犬や妊娠・授乳期の母犬のドッグフードとしてピッタリです。代謝エネルギーは100gあたり360kcalと高カロリーとなっています。

子犬は動きが活発で新陳代謝が激しく、エネルギー消費が高いものです。そのため、これからの健康な体作りのためには、高カロリードッグフードは欠かせません。さらに、妊娠・授乳期のお母さん犬にも体力の回復や良質の母乳のためにも、モッピーハイエナジーがおすすめです。

スーパーライトエナジー

7歳以上の高齢犬や獣医さんから肥満を指摘された犬向けにピッタリです。代謝エネルギーは100gあたり265kcalとモッピーのラインナップ中、最もカロリーを抑えたドッグフードになっています。

高齢になると動きも緩慢になり、運動量も減ってきます。代謝とカロリーのバランスが崩れてしまい太り始めます。高齢犬が太ると、心臓に負担がかかるだけでなく、関節にも負担がかかってしまうので、さらに動きが制限されて太るという悪循環が生まれてしまいます。

モッピースーパーライトエナジーは、栄養価はそのままに、カロリーダウンをしたい愛犬にピッタリです。

モッピーの原材料の特徴

モッピーは、愛犬の健康を考えて作られたドッグフードです。高品質ですが、いわゆるプレミアムドッグフードまでの品質はありません。そのぶん、お値段も手ごろで、食欲旺盛な大型犬や多頭飼いの場合、コスパの面から見てもおすすめです。モッピーの優れた栄養価や愛犬に優しい原料などを見ていきましょう。

4Dミートを使っていない

4Dミートというものをご存知でしょうか。これは「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Diseased=病気を持っている」「Disabled=障害を持っている」の頭文字を取って、4Dミートと呼ばれています。

例えば、病気を持っている動物の肉を使用すれば、その動物に投与された抗生物質などがそのまま残ることになります。

死んだ動物の肉を使うことによって、腐敗が進みますから、それを防ぐためには防腐剤の大量投入が必要になります。さらに、腐った臭いや変色をごまかすための人工的な香料や色素を加えることになります。このように4Dミートは、犬の健康のためには何ひとつ良いことはありません。

モッピーは、このような4Dミートを使わず、新鮮なラム肉や鶏肉を使用しています。新鮮なラム肉は、高タンパク、低コレステロール、アミノ酸バランスが優れているので、愛犬の健康をしっかりとサポートします。

安心なドッグフードについて詳しくは下の記事で解説していますのでぜひご覧ください

BHAが入っていない

BHAとは「酸化防止剤」として使われる添加物の一種で、食べ物や工業製品の酸化による変質を防止する目的で使われています。
ドッグフードのドライ、セミモイストタイプは空気に触れると脂質の酸化が進みやすいため、安全性を守るために使用されています。

ひと昔前まで、人間の食品にも幅広く使われていました。しかし、発がん性などの危険性が指摘されており、現在では食料品には使用が禁止されていますが、ペットフードに関しては一定の基準内であれば使用が認められているのです。

モッピーでは、BHAがペットフード安全法で許可されているとはいえ、その危険性を軽く見ることはできないと考え、BHAを使用せず「Naturox」という天然由来の成分を使用しています。

人工添加物不使用

安いドッグフードの多くには「人工保存料」「香料」「人工着色料」といった人工添加物が大量に含まれています。これは、すべて粗悪な原料を使っており、それをごまかすためのものです。

このような人工添加物が大量に配合されたドッグフードを与え続けてしまうと、アレルギーやガンの発症といった健康被害をもたらす危険性があります。

モッピーは、上質で新鮮なラム肉や鶏肉を使用しているため、香料や人工着色料といった人工添加物を必要としません。人工保存料も使用されていませんから、毎日の食生活から健康被害の危険性を取り除きます。

無添加のドッグフードについて詳しくは下の記事で解説していますのでぜひご覧ください

ローズマリー抽出油使用

モッピーは、ローズマリー抽出油を使用しています。ローズマリー抽出物は、動物性油脂と植物性油脂の両方の酸化を防ぐことができることから、ドッグフードに使われています。
ローズマリー抽出物は、味やにおいにも影響を与えませんので、餌の食いつきにも問題ありません。

ローズマリー抽出物は人間の食品にも広く利用されています。それだけヒューマングレードの安全が保証されているということです。

さらにローズマリー抽出物には多くのポリフェノールが含まれています。人間でもポリフェノールは抗酸化作用があるので、老化現象である活性酸素を抑えることができます。
犬も同じで、体を若々しく保つのに役立ちます

まとめ

モッピーには、子犬からシニア犬まで、さまざまな成長ステージに合わせて選べるラインナップが用意されています。また、原料選びから製法まで犬の健康を第一に考えて作られているので、安心して与えることができます。

さらに価格もお手軽ですから、経済的な負担も少なくて済みます。愛犬とは10年、20年のお付き合いになるので、モッピーのようなコストパフォーマンスのいいドッグフードは、長く続けられるのが最大の魅力です。

モッピー以外のおすすめドッグフード

アンドペット編集部が厳選したおすすめのドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワンイメージ画像
モグワンは食いつきの良さを重視して作られたドッグフードです。
愛犬の健康を考えて無添加の栄養価の高いドッグフードを買ってみたけれども、なかなか食べてくれない…そんな経験をしたことはありませんか?
モグワンは高い栄養価を目指すべく原材料にこだわり抜きながらも、食いつきの良さも両立しました。
原材料はヒューマングレード、動物性タンパク質は50%以上・グレインフリー・無添加と健康を意識したドッグフードに必要な要素を全て詰め込みながらも、満足のいく食いつきを実現。
愛犬には健康的な食事をしてほしいけれど、毎日喜んでごはんを食べてほしいという飼い主の方におすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:1.8kg 3,960円(税込)

公式ページ

モグワンの詳細はこちら

アカナ

アカナイメージ画像
アカナは世界中のペット愛好家から信頼されているドッグフード。ベースとなっている肉以外にも魚、野菜等もカナダで取れた新鮮な原材料のみを使っており、保存料も未使用。
もともと肉食の犬本来の自然な食事を再現した高タンパク質な栄養満点のドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 5,724円(税込)

公式ページ

アカナの詳細はこちら

カナガン

カナガンイメージ画像
カナガンはペットの本場イギリス産のプレミアムドッグフードです。グレインフリー(穀物不使用)、ヒューマングレード、添加物の不使用と愛犬の健康を守るには欠かせない原料へのこだわりが特徴。
全犬種の全ライフステージに対応していますが、粒が小さく食べやすいので、子犬や小型犬に与えるのに適しています。
愛くるしい小型犬に、健康な食事をして長生きしてほしい飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 3,960円(税込)

公式ページ

カナガンの詳細はこちら

こちらもおすすめ