おすすめドッグフード

ドッグフードは無添加のものに限る?無添加のドッグフードを徹底解説!

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

愛犬には安心安全な食事を与えたい。犬を飼っている方なら誰しもそう思いますよね。だからこそドッグフードの添加物の有無はどうしても気になるポイントです。そこでこの記事では無添加のドッグフードを中心に安心安全なドッグフードについて解説します。

ヒューマングレードの食材が愛犬にも喜ばれる

ヒューマングレード。つまり私たち人間が普段から口にする食材レベルということです。食材にはそれぞれグレードがあります。人間が食べるレベルのものだからといってすべてが安全か?ということは実際には疑問が残ります。考え方を少し変えると質の良い食材で作られたドッグフードを与えることで、健康が維持されるのです。実際に質の良い原料のドッグフードを日常的に食べることで、常は胃腸にも優しく消化吸収も良くなるというわけです。

犬の消化吸収率を決めるのは、何をおいてもやはり食材なのです。ヒューマングレードの食材を使うことで、吸収される栄養価も当然高くなります。そして消化吸収を高めるという点も見逃せません。犬の消化吸収を決定するのは食材の種類です。改めて考えてみると、消化吸収が悪い理由としては穀類を多く摂取することで健康被害が広がることに気が付きます。

安価で粗悪なドッグフードには穀類やトウモロコシなどが多く使われていることがわかります。原材料の単価を下げてドッグフードを製造しているからです。結局は小麦やトウモロコシに含まれているグルテンを多く摂取すると、犬は消化が困難になるのです。この負のスパイラルが、アレルギーなどの疾患を生み出すことにつながるのです。ヒューマングレードのドッグフードを選ぶ最大の理由は、消化吸収を助けるということに繋がっていくのです。

人が食べられる品質

ヒューマングレードという言葉は最近、ドッグフード業界ではよく囁かれるようになりました。誰もが耳にしたことがある表現だと思います。まず基礎知識として覚えておいてください。人間が食べられるレベルの食材で作られているドッグフードのことを指します。私たちが普通に食生活の中で、食べている食材のレベルと考えれば何も難しいことはありません。

逆に自分たちがおおよそ食べないようなものを配合しているドッグフードは粗悪であると判断すれば良いのです。本来ならば廃棄処分するべき、家畜の副産物をドッグフードに配合していると感がると、ぞっとしませんか?つまりそういうことなのです。本来ならば捨てられる部分(骨や内臓)までもドッグフードに配合するということ。ヒューマングレードを厳守する際には、このような肉の副産物は省かれていくのです。

人間は腐った肉を食べません。これはあり得ないことでもあります。もちろん、犬に対してもこれは、犬にとっても当たり前のことです。人間が食用以外の肉類を食べることもありません。腐敗しているものを体内に取り込むことには健康リスクが高まるからです。だったら犬にも同じような品質のものを与えたいものです。そう考えると絶対に避けたいと感じるのは当然のことです。腐敗しかけている食材を使うことは、合成添加物や酸化防止剤を多用するきっかけにもなるのです。

又次のような食材はヒューマングレードのドッグフードには一切含まれません。

〇死んだ動物の肉「Dead」
〇病気にかかった動物の肉「Diseased」
〇障害のある動物の肉「Disabled」
〇死にかけている動物の肉「dying」

愛しい家族たちが口にするものです。当然、4Dミートと言われるものは排除されるべきなのです。そこを真摯に考え合わせて、人間が食べられるレベルかどうか?をよく考える必要があるのです。

栄養の世界基準であるAFFCOの基準

最近のドッグフードを説明するときに「総合栄養食」「AFFCOの条件を満たしている」という表現が多く使われていることに気づきます。この表記を見るだけで良いドッグフード!と妙な安心感を得てしまうことは否めません。そこには、飼い主さんとしての情報不足が指摘されてしまいます。この機会に上記二つの表記の意味を改めて理解を深めてください。

AAFCOとは?

アメリカの検査機関の名称を略したものです。国内では「アフコ」という呼び方をします。ある意味、任意のルールですのでドッグフードの品質を完全に肯定するモノでもありません。いろんな解釈ができます。実際に、AAFCOは犬に必要なたんぱく質の配合率を高めに設定しています。この基準を満たすためにとフード業界では全ての会社が良質なたんぱく質だけを配合できるわけではないのです。コストの問題も当然浮上します。だからこそ、コストが低い大豆を多く利用することでタンパク質の配合比率を上げるという方法を選んでしまうのです。本来は動物性タンパク質を多く摂取することが理想です。それでも基準の中には動物、植物?の括りかないので植物性のタンパク質を多く含んでしまうのです。

総合栄養食とは?

総合栄養食とは、「動物に毎日の主要な食事として給与することを目的とする。当該ペットフードと水だけで、指定された成長段階における健康を維持できるような、栄養素的にバランスのとれた製品」のことを指します。このドッグフードを食べているだけで生命維持が可能というレベルの商品にだけ与えられる称号です。総合栄養食として認められているのは「ペットフード公正取引協議会」が栄養基準を設定しているものです。この基準を満たしたものだけが総合栄養食と認められているのです。「ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果」という表現が使われています。ここには深い意味が込められているのです。

犬にとっても炭水化物やタンパク質、脂質などの栄養素は必ず必要です。カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、およびマグネシウムという電解質類も、動物のバランス機能を保ち、生命活動を送るためには欠かせないものです。もちろん、個体によって必要な栄養素は異なります。だからこそ、総合栄養食は優れたものであるべきなのです。

アレルギー性の少ない高タンパク・低炭水化物を使用

無添加のドッグフードの特徴としてはタンパク質含有量が高いという傾向があります。タンパク質の含有量としてはは40%以上の製品もあるほどです。原材料には良質の肉や魚が使われていることも大きな理由です。特に子犬の時期には、高タンパク質の食事が不可欠です。総合栄養食のドッグフードの中には、犬の成長別に商品が湧けられている場合があります。子犬と成犬とでは当然、摂取量が違っています。だからこそ、年齢別のものを犬の成長段階に併せて使うことには意味があるのです。タンパク質は多く摂りすぎても体調に変化をもたらすものでもありません。内臓に負担を与えるようなものでもないからです。

無添加のドッグフードと選ばれる理由をご紹介

安心安全の条件である添加物不使用。そんな無添加ドッグフード3つとそれぞれの選ばれる理由をここではご紹介します。

モグワンは栄養価が高く美味しい

「モグワン」と言えば食いつきの良さが評価されています。食が細く何を食べても長続きしないという飼い主さんには、お試しいただきたいタイプのドッグフードです。モグワンで使われる食材はすべて「ヒューマングレード」です。飼い主自身も食べられる食材を使っているという安心感があります。そのうえアレルギー対策としてグレインフリーになっています。良質なタンパク質が50パーセント以上も使用されているのも、安心ポイントです。

詳細ページ公式ページ

間食に頂けるお肉たっふりのカナガン

カナガンのドッグフードは穀類を一切使わない美味しいドッグフードとして、定着した愛好家が多いドッグフードです。品質管理上でも問題のないドッグフードです。偏食気味で一度に多くのドッグフードを食べない習慣のある犬には、間食として与えることも効果的です。美味しさと健康を両立させたカナガンのドッグフードは、バランスの良さが自慢のドッグフードです。

詳細ページ公式ページ

ドッグフード工房は生作り製法で栄養価が高い

ドッグフード工房の商品は製法にこだわり、食材へのこだわりを持ち続けて製造されているものです。生の食材の中にはビタミンや酵素が多く含まれています。これは犬の健康を支える大切な栄養素です。熱を加えてしまうことで、栄養素が破壊されてしまうので、製法にもとことんこだわりました。生の食材の下ごしらえを丁寧に行います。そして低温で乾燥させてから調理をしていきます。これを手作り製法と呼んでいます。犬の体に負担をかけずに、栄養価のドッグフードを与えたい場合には、ドッグフード工房の製品がおすすめです。添加物というものは食べた瞬間に何らかの作用が現れるというものではありません。将来的にアレルギー反応を起こしやすくするきっかけになる場合もあるのです。少しでもアレルギー気質のある犬には、無添加のドッグフードを与えるなど、飼い主としての配慮が求められるのです。

栄養価を維持した注目の製法があるってホント?

ドッグフードにはそのメーカ―によって、素材の良さを引き立てるためなどに製法に違いがあります。企業秘密の部分もありますが、多くの場合にはドッグフードを焼き上げるときの違いです。

オーブンベイクド製法は低温で美味しさを維持できる

ドッグフードをオーブン等で焼き上げる製法です。仕上がりはまるで、ビスケットのような食感になります。この食感には好き嫌いがどうしてもわかれます。美味しいと感じる犬と、普通のドッグフードの方が良い場合もあります。あくまでオーブンベイクド製法については好みがわかれるということを知っておいてください。特にこだわっている会社の場合には製造過程でフードに圧をかけないようにしています。成形してから焼き上げるという方法です。低温で焼き上げることで栄養素が守られます。高温処理ではどうしても、素材の栄養素が失われてしまうのです。製造には手間暇がかかる分、コストは高くなってしまうのは仕方のないことです。オーブンベイクド製法の場合、カリッとした食感を好まれる場合も多いようです。固めのドッグフードが苦手な場合には、ふやかすときに時間がかかるというデメリットもあります。この辺りは事前に、飼い主が見分けて選んであげる必要がります。

丸ごと素材を使用したホリスティックブレンド手法

例えば「シュプレモ」の場合には、15種類もの厳選自然素材同士のおいしさを引き出すために特別にブレンドされた手法で作られています。やはり素材を丸ごと使用することで、自然の恵みや美味しさがそのまま残っているのです。食いつきもよく長く食べ続けられるシリーズとして安心感があります。必ずチキンの生肉を原材料の第一に表記しています。シュプレモの場合には子犬用、成犬用、シニア犬用と、細かくライフステージごとに分かれています。

飼い主の評判は?

犬がどんなドッグフードを食べやすそうにしているのか?を観察することも重要です。固いものをかみ砕くことに楽しみを感じつつ食生活を送っている場合もあります。ふやかしなふどの手間をかけないと食べてくれないタイプの犬もいます。ベイクド製法とホリスティックブレンド、それぞれに良さはあります。飼い主の評判というよりも、愛犬の食べっぷり良いことが、評判につながるのです。

胃腸に良く下痢がおさまった

普段のドッグフードでは胃腸に合わず下痢が続いていたという場合。ドッグフードを変えることで、消化吸収率が変わり下痢が収まる場合があるのです。

食いつきがよく消化にも良い

結果的においしく食べることが何よりも消化にもつながります。愛犬の食べっぷりと便の様子をバロメーターにして一番合う、ドッグフードを選んであげることが必要不可欠です。

まとめ

メーカーや有名度だけで、ドッグフードを選んでいませんか?一番大切なのは、添加物を排除していることと、愛犬が食べやすいかどうか?という点です。最初は少量ずつ与えて様子を見ながら便の調子もよく、長く食べ続けられそうと判断した時点で、そのドッグフードの真価が問われます。ぜひ本記事を参考に愛犬に一番あったドッグフードを選んでみてくださいね!

こちらもおすすめ