飼い方

パピヨンって?蝶のような優雅な耳が魅力の小型犬を徹底解説!

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

パピヨンは蝶が羽を広げたような優雅な耳が特徴の小型犬です。

当記事ではパピヨンの性格や特徴、歴史、飼うときのポイント、かかりやすい病気についてまとめていますので、パピヨンの飼い主さんとこれから飼うことを検討している方も参考にしてみてください。

パピヨンの性格


ワンちゃんの性格には個体差がありますが、犬種による傾向もあります。パピヨンの性格についてみていきましょう。

活発でスキンシップを好む

パピヨンは活発で機敏によく動き回ります。広い場所ではダッシュすることもあり、遊びが大好きです。また、飼い主さんとのスキンシップも大好きで、触られることを好みます。なでてもらうと気持ち良さそうに喜び、飼い主さんが座っていると膝に乗ってくることもあります。愛玩犬らしい性格です。

穏やかで友好的

パピヨンは穏やかで上品な性格をしています。スパニエルの血を引いているためとても友好的で、知らない人や他のワンちゃんとも仲良くできます。多頭飼いにもおすすめです。

愛情深いので小さな子供がいる家庭でも安心して飼うことができ、子供の遊び相手になります。また、一人暮らしの方の良いパートナーにもなってくれます。初心者の方にも飼いやすい犬種です。

神経質で臆病

周りの状況や家族の雰囲気を察するなど空気を読むことが得意なのですが、行き過ぎると神経質になってしまうことがあります。また、物音に敏感で臆病な面もあり、救急車のサイレンが聞こえると遠吠えをするなど集合住宅では配慮が必要になることもあります。

パピヨンの体重や特徴


パピヨンの体重や外見的な特徴について見ていきましょう。

パピヨンの体重

パピヨンの平均体重は、オスは3.6~4.5kg、メスは3.2~4.1kgとオスのほうが少し大きめです。血統証明書の発行などを行う国際的愛犬団体のジャパンケンネルクラブでは正式な基準はありませんが、一般的には成犬体重が10kg未満を小型犬と呼ぶことが多いので、小型犬の中でも小さい犬種です。超小型犬と表現されることもあります。

パピヨンの体の特徴

ジャパンケンネルクラブの基準によると体高(立った状態で地面から背中までの高さで頭は含めない)は28cm以下です。標準的で調和の取れた体型をしていて、体長(横から見て胸からお尻の端までの長さで顔と尻尾は含めない)は体高よりも幾分長い、とされています。

直立した大きな耳は優雅で、パピヨンの名前の由来になっています。垂れ耳の個体は、フランス語で蛾の意味のファーレーヌと呼ばれます。

パピヨンの被毛の特徴

ワンちゃんの被毛の種類には2種類あり、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の二重構造になっているダブルコートと、下毛がほとんどないシングルコートに分けられます。

パピヨンは室内飼育用にダブルコートにならないよう改良されてきた犬種ということもあり、比較的抜け毛が少ないシングルコートです。ただし、交配の過程でスピッツの血が入ることにより、アンダーコートを持つ個体が現れるようになったため、系統によってはダブルコートのタイプも存在し、その場合はかなりの抜け毛が発生します。

蝶に似た耳の飾り毛が最も特徴的で、胸、足、尻尾にも飾り毛があります。初期の頃のパピヨンは耳よりも華やかに巻いた尻尾に注目されていたので、リスを意味するスカーレルという言葉を使って、スカーレル・ドッグやスカーレル・スパニエルなどと呼ばれていました。フサフサで毛並の良い犬種です。

毛色は、ジャパンケンネルクラブの犬種標準では、「白地であれば全ての色が認められる。ボディや脚はホワイトの割合が多いのが好ましい」とされています。大きく分けて、白×茶、白×黒、トライ(白×黒×茶)の3種類です。

パピヨンの歴史


パピヨンの祖先犬は、スペイン原産のトイ・スパニエルです。イタリアのボローニャ地方で繁殖され、15世紀以降、ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットをはじめとするヨーロッパ貴族の寵愛を受けるようになりました。

王侯貴族を描いた中世の絵画には主人とともにパピヨンとされる犬が描かれているものが見られます。マリー・アントワネットが処刑台に上がる直前まで、パピヨンが一緒にいたという逸話もあり、フランス革命の際には、革命軍によって貴族と共に数多くのパピヨンが殺害された歴史もあります。

当時は垂れ耳が一般的で、現在のような耳が立ったタイプのパピヨンは、18世紀末頃から選択的に交配されて増えていき、19世紀末頃に立ち耳であるスピッツと交配して蝶のような大きな立ち耳を持つようになりました。また、チワワとの交配でサイズは小さくなり、現在のパピヨンに近い姿になり人気が高まりました。

パピヨンを飼うときのポイント


パピヨンの性格や特徴から、飼うときのポイントをみていきましょう。

活発で運動好きなので散歩は毎日連れていく

パピヨンは活発で運動が好きなので散歩は毎日連れて行ってあげるのが理想的です。目安としては1日2回、20~30分程が良いでしょう。散歩は肥満予防、筋肉の維持、ストレス解消、飼い主さんとのスキンシップに役立ちます。また、他のワンちゃんと触れ合う機会になるなど社会性を身につけるためにも大切です。

遊び好きでもあるので家でもボールなどで遊んであげると良いでしょう。床がフローリングで滑りやすいと骨折の危険があるのでカーペットを敷くなどの配慮をしましょう

賢くてしつけはしやすいが噛み癖が出やすい

パピヨンは賢くてしつけの入りやすい犬種ですが、賢いゆえに、吠えたり噛んだりして要求が通ることを覚えると、吠え癖、噛み癖に繋がります。

パピヨンには頑固な面もあるので、噛まれた際に大きな声で叱ると逆効果になることがあります。徹底的に無視して噛んでもかまってもらえないと理解させることで噛み癖が改善される可能性があります。

飾り毛に毛玉ができやすいのでマメなブラッシングを

パピヨンといえば耳、胸、足、尻尾の飾り毛が魅力的ですが、お手入れを怠ると毛玉になってしまうのでマメにブラッシングしてあげましょう。パピヨンはかまってもらうことが大好きなので、子犬の頃からブラシに慣れさせ、ブラッシングタイムが楽しいコミュニケーションタイムになるように習慣にすることが大切です。

パピヨンにはシングルコートとダブルコートのタイプがいますが、ダブルコートのパピヨンでもアンダーコートは少なめなので比較的お手入れはしやすい犬種です。ただし、細く柔らかい被毛なので毛玉ができるとほぐすのが大変です。

ワンちゃんの毛玉を取り除く際にはスリッカーブラシが使用されることが多いのですが、パピヨンは皮膚被毛がデリケートなため、あまりおすすめできません。毎日のブラッシングで毛玉を防ぐようにしましょう。

パピヨンのブラッシングにはコームが向いています。粗い目と細かい目が1本になった両目のコームなら、粗い目でもつれや毛玉のチェックをしてもつれをほぐし、細かい目で毛並みを整えることができます。抜け毛が多い時やマッサージを兼ねたブラッシングをしたい場合にはピンブラシを使用すると良いでしょう。

毛玉ができてしまった部分を無理にとかすと痛い思いをするため、ブラッシングが嫌いになってしまいます。手で優しくほぐした後、生え際の皮膚を押さえながら毛先からゆっくり丁寧にとかしましょう。

パピヨンの寿命やかかりやすい病気


パピヨンの寿命やかかりやすい病気についてみていきましょう。パピヨンは祖先犬が身体の大きな犬種ではなかったことと、短い期間の品種改良ではなくゆっくりと小型化してきたため、小型犬の中では遺伝的疾患は少ない犬種です。

かかりやすい病気や気をつけたいケガは小型犬全般に多いもので、パピヨンが必ずかかるものではありません。心配し過ぎる必要はないのですが、知っておくことで早期発見ができ、落ち着いて対応することができます

パピヨンの寿命

パピヨンの平均寿命は13~15歳です。ワンちゃんの年齢を人間に当てはめる人換算年齢は、小型犬では1歳を人間の17歳、2歳を24歳、以降1歳ごとに4歳ずつ歳を重ねていく算出方法が一般的なので、パピヨンの13~15歳は人間でいうと68~76歳ということになります。

平均寿命はあくまでも平均なので個体差があります。パピヨンに少しでも健康で長生きして欲しいというのは全ての飼い主さんの願いです。体質に合った栄養バランスを考えられたドッグフードで食事の管理をしっかり行う必要があります。

また、肥満を避け、筋肉を維持するための適度な運動と普段からのスキンシップなどで病気に早く気付いてあげるなど飼い主さんの愛情で健康で長生きできるように心掛けてあげましょう。

パピヨンがかかりやすい病気

【膝蓋骨脱臼】
膝蓋骨脱臼は、別名パテラと呼ばれ、膝のお皿である膝蓋骨の位置が太ももの骨からずれてしまう病気です。足の細いパピヨンなど小型犬に多い遺伝子疾患です。生まれつき膝蓋骨がはまっている溝の部分が浅い、膝蓋骨を支える靭帯が弱いなどが原因で症状が出ることもありますが、打撲や落下など骨や関節に衝撃を受けることで脱臼してしまうこともあります。

悪化すると歩行に問題が起き、スキップのような歩き方をしたり、痛みがある足をかばって3本足で歩いたりするようになります。歩き方に違和感があったら獣医さんに相談しましょう。症状が軽い場合の治療法は投薬や運動制限ですが、重症の場合は外科手術が必要です。

予防方法は肥満があればダイエットで足への負担を減らしましょう。筋肉量を増やすことも必要なので、高タンパク低脂肪のドッグフードを与えると良いでしょう

また、フローリングの床にはカーペットを敷いて滑らないようにし、ソファーなどには段差を少なくするために補助台を設置して飛び降りる時に足に負担がかからないようにしましょう。

【眼瞼内反症】
遺伝的な原因でまぶたが眼球側の内側に曲がってしまい逆さまつ毛のような状態になります。まつ毛が眼球を直接刺激し、涙や目やにの症状が出ます。また、変形して曲がったまぶたも同じように眼球を刺激するので、結膜炎や角膜炎を引き起こしてしまうこともあります。

予防方法はなく、症状が軽ければ逆さまつ毛を改善するため、まつ毛を抜き角膜の炎症を抑える治療を行います。症状が重度まで進んでしまった場合には、外科手術を行う必要があります。日頃から涙や目やにの量、まつ毛の様子などをチェックしておくことで早期発見することができます

【白内障】
白内障は目の水晶体が白く濁る病気で、初期症状としては目やにが増える、瞬きが多くなる、涙が増える、目を気にして前足で触ろうとするなどがあげられます。また、症状が進んでくると、目が白く見える、瞳孔が開いているなどの症状のほか、物にぶつかったりつまずいたり、目がよく見えていないような行動が増えることがあります。

多くは人間と同じで加齢によるものですが、遺伝により6歳未満の犬が発症する場合もあり、若年性白内障と呼ばれます。また、糖尿病やホルモン系の疾患が原因となる場合もあります。パピヨンの場合には、遺伝性によるものが比較的多くなっています。

自然治癒はありませんので、早期発見が重要です。治療方法は、目薬や内服薬で炎症を緩和させます。ただし、投薬治療ではある程度進行を抑えることはできても、視力を回復することはできません。視力を取り戻すためには、外科手術が必要になりますので獣医さんとよく相談することが必要です

【壊死性髄膜脳炎】
壊死性髄膜脳炎は、大脳の表面の一部で原因不明の炎症が起こり、次第に大脳の表面全体や小脳、脳幹へと炎症や壊死が進行していき、全身性のけいれん発作などの神経の症状が起こる病気です。パグで多発したのでパグ脳炎という俗称がつきましたが、パピヨンを含む他の犬種でも発症するため壊死性髄膜脳炎と呼ばれることが多くなっています。

突然の全身性けいれん発作が主な症状で、脳の異常により、同じ方向にクルクルと回る旋回運動、頭が傾いたまま戻せなくなる斜頸、震え、目が見えない、よだれを流す、元気や食欲がなくなるなどの症状が現れます。

重症になると、全身のけいれん発作を何度も繰り返し昏睡状態になり死亡します。早ければ数日で死に至り、数ヶ月〜4年以上かけて徐々に進行する場合もあります。予防方法はないので早期発見できるように注意しておきましょう。有効な治療法もなく、治療の甲斐なく死亡するワンちゃんも多い大変危険な病気です。

【運動によるケガ】
パピヨンは活発で動きが激しいため、病気だけでなくケガにも気をつける必要があります。骨が細いので高い所から飛び降りると骨折してしまうこともあります。普段から適度な運動で筋力を付け、肥満を防ぐため高タンパク低脂肪のドッグフードを与えましょう。丈夫な骨と軟骨の健康のためにカルシウムやグルコサミン、コンドロイチンが配合されたものが理想的です。

室内でも走り回ることがあるため、床にはなるべく不要なものは置かず、電気のコードなどにも気をつけてあげましょう。

まとめ


パピヨンは蝶が羽を広げたような飾り毛の耳が特徴の小型犬です。活発で遊び好き、飼い主さんのことが大好きな飼いやすい犬種です。

家族の一員としてのパピヨンとの生活の参考にしてください。

おすすめのドッグフード

アンドペット編集部が厳選したおすすめのドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワンイメージ画像
モグワンは食いつきの良さを重視して作られたドッグフードです。
愛犬の健康を考えて無添加の栄養価の高いドッグフードを買ってみたけれども、なかなか食べてくれない…そんな経験をしたことはありませんか?
モグワンは高い栄養価を目指すべく原材料にこだわり抜きながらも、食いつきの良さも両立しました。
原材料はヒューマングレード、動物性タンパク質は50%以上・グレインフリー・無添加と健康を意識したドッグフードに必要な要素を全て詰め込みながらも、満足のいく食いつきを実現。
愛犬には健康的な食事をしてほしいけれど、毎日喜んでごはんを食べてほしいという飼い主の方におすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:1.8kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

アカナ

アカナイメージ画像
アカナは世界中のペット愛好家から信頼されているドッグフード。ベースとなっている肉以外にも魚、野菜等もカナダで取れた新鮮な原材料のみを使っており、保存料も未使用。
もともと肉食の犬本来の自然な食事を再現した高タンパク質な栄養満点のドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 5,724円(税込)

詳細ページ公式ページ

カナガン

カナガンイメージ画像
カナガンはペットの本場イギリス産のプレミアムドッグフードです。グレインフリー(穀物不使用)、ヒューマングレード、添加物の不使用と愛犬の健康を守るには欠かせない原料へのこだわりが特徴。
全犬種の全ライフステージに対応していますが、粒が小さく食べやすいので、子犬や小型犬に与えるのに適しています。
愛くるしい小型犬に、健康な食事をして長生きしてほしい飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

こちらもおすすめ