おすすめドッグフード

人気のドッグフードって?安全なドッグフードの見分け方と厳選3品!

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

ドッグフードにはたくさんの種類があり、飼い主さんは品質、ワンちゃんの好みや体質、コストパフォーマンスなどさまざまな条件の中で迷われています。ワンちゃんは自分で食事を選ぶことができないため、飼い主さんの判断はとても重要です。

当記事では人気のドッグフードについてまとめています。安全なドッグフードが良いといわれる理由や、安くても安全なドッグフードの見分け方、具体的に人気のあるドッグフードの原材料や特徴などについて調べています。ドッグフード選びの参考にしてみてください。

安全なドッグフードがいいと言われる理由は?


人間と同様ワンちゃんの身体も食べたものから作られるので、健康を考えたドッグフードを食べさせてあげたいものです。しかし、残念なことにドッグフードは人間の食べる食品とは違い、雑貨扱いとなっています。2009年にペットフード安全法が施行されましたが、雑貨であるため、安全性や品質については不透明な部分が多くあり、飼い主さんにとっては不安のもとになります。

ドッグフードにはさまざまなものがあり、安全性についてはメーカーや製品により大きな差があるため、飼い主さんは原材料や品質を考慮し、安全なドッグフードを選んであげる必要があります。

食材バランスがいい

ワンちゃんは肉食寄りの雑食なので、肉類を消化しやすい短い腸を持っています。肉由来のタンパク質はワンちゃんにとって消化吸収しやすい栄養素なので良質の動物性タンパク質を摂取できるようにドッグフードは原材料の肉類の配合が多いものが食材のバランスとしては良いものです。

その際、肉の割合が高くても品質が悪いものでは健康の心配があるので、人間が食べられない食材であるトサカや羽などの副産物や4Dミートを使用していないドッグフードを選びましょう。

4Dミートとは

DEAD     死亡した動物の肉
DISEASED   病気だった動物の肉
DYING     死にかけだった動物の肉
DISABLED   障害のあった動物の肉

という4つの頭文字Dからできた言葉です。

ワンちゃんにはもちろん絶対に与えたくないものですが、原材料の欄には4Dミートと記載されているわけではなく、レンダリング(粉砕)したのち○○ミール、○○エキスなどと記載されることが多いようです。

ただし、○○ミールと記載されたものでも原材料にこだわりのあるメーカーでは安全な原料を使っているものもあるので、「ヒューマングレード」「人間も食べられる原材料使用」と明記された4Dミートが混入されている心配のないものを選びましょう。

低カロリーである

日本で暮らすワンちゃんの多くは室内で生活しているため、慢性的な運動不足になっています。個体差はありますが、超大型犬を除く多くのワンちゃんは1歳くらいからあまり体格に変化はないので、1歳の体重を基準として15%以上増えたら肥満の可能性があります。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると肥満になってしまいます。肥満になると足腰に負担がかかり、関節に問題が起きたり、呼吸器や循環器に影響したりと疾患の原因になることがあります。

ダイエットや適正体重の維持を目的とした場合、食事を減らして空腹感を感じさせることはワンちゃんにとってストレスになるので、低カロリー食を上手に使い、肥満を解消しましょう。

愛犬のお腹事情に合わせる

ワンちゃんはもともと肉食寄りの雑食で、肉類を消化しやすく、穀物の消化吸収が苦手な消化器官をもっています。人間と暮らすうちに穀物に慣れてきたともいわれていますが体質によっては穀物が合わずにお腹がゆるくなったり、ひどくなると下痢をしたり嘔吐する場合もあります。

小麦やトウモロコシ、米などの穀物と小麦粉など穀物を粉にした原材料を含まない穀物不使用のものをグレインフリーといい、穀物の消化吸収の苦手なワンちゃんにはグレインフリーのドッグフードを選んであげましょう。

安くて安全なドッグフードの見分け方


ドッグフードにはたくさんの製品があり、値段もさまざまです。プレミアムフードといわれる高品質なドッグフードは高くて当たり前、良いものを選びたかったら高くても仕方ないと思われているかもしれませんが、買い続けることを考えると予算が限られてくることもあります。

安くて安全なドッグフードの見分け方を知って無理なく良いドッグフードを選んであげましょう。

酸化防止剤が入ってない

ドッグフードの酸化防止剤としてよく使われるものにBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BTA(ジブチルヒドロキシトルエン)があります。

BHA、BTAはもともとガソリン用、石油用の酸化防止剤として合成された化学物質で、人間用の食品添加物としてもごく限られた製品のみで使用が認められていますが、動物実験の結果、発がん性や歩行障害、呼吸困難などが確認されています。

ドッグフードでは基準値以内ならば問題はないとされていますが、人間よりも身体の小さなワンちゃんには影響が心配され、また、摂取し続けることにより様々な疾患の原因になる可能性があります。例えば涙やけに悩むワンちゃんは体内に溜まった添加物が原因になっている場合があります。

原材料を確認し、人工の酸化防止剤が使用されていないものを選びましょう。

自然由来で害のないもの

ドッグフードに人工添加物は含まれていないほうが良いのですが、原材料に肉類や油脂が含まれている以上、劣化を遅らせるために酸化防止剤は必要な添加物となります。ワンちゃんの健康のためにはドッグフードを選ぶ際に原材料を確認して、自然由来で害のない酸化防止剤を使用しているものを選んであげましょう。

自然由来で害のない酸化防止剤としては植物性油脂から精製されるミックストコフェロール(ビタミンE)、シソ科のハーブで、カルノシン酸、カルノソール、ロズマリン酸が含まれ抗酸化作用があるローズマリーエキス(ローズマリー抽出物)、オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類などに含まれる成分であるクエン酸などがあげられます。

犬の体質に合わせたドッグフードを選ぶ

ワンちゃんは、肉類の消化に適した短い腸を持っています。また、穀物を消化する酵素を少ししか持っていないため、肉食に適していて、穀物の消化は苦手な身体の構造になっています。

ワンちゃんの体質にもよりますが、穀物の入ったドッグフードを食べていて便の量が多かったり、体重が減ったりする場合はうまく消化吸収できずにそのまま排泄されている分が多いということになりますので、穀物不使用のグレインフリーのドッグフードに変えてあげましょう。

また、穀物の中でも小麦やトウモロコシはアレルギーを起こしやすい原材料です。ワンちゃんが身体を痒がる、フケが多い、毛が抜けるなどの症状があればアレルゲンになっている可能性があります。すでに症状が出ている場合はもちろん、アレルギーの予防のためにもグレインフリーのドッグフードが有効です。

グレインフリーのドッグフードに変えてもアレルギー症状が治らない場合は、特定の肉類のアレルギーの可能性があります。牛肉、豚肉、鶏肉はアレルギーを起こしやすい肉類なのでアレルギーになりにくい七面鳥やアヒルなどが主原料のドッグフードに変えてあげる必要があります。

約4割のワンちゃんが何かしらの食物アレルギーを持っています。フードを変えても改善されない場合は獣医さんに相談することを検討してみてください。

人気のドッグフードとはどんなもの?


数あるドッグフードの中で、人気が高く多くの飼い主さんに支持されているドッグフードがあります。とくに人気のある「モグワン」、「カナガン」、「UMAKA」について原材料と成分値、特徴をみていきましょう。

モグワン

【原材料】
チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

【成分値】
粗タンパク質 28%  脂質 12% 粗繊維 3% 粗灰分 8%
水分 8% オメガ3 1.29% オメガ6 1.63%

代謝エネルギー (100gあたり)約344kcal

主原料のチキンとサーモンを合わせて肉類が56%も配合されているので良質なタンパク質が摂取でき、ワンちゃんの健康な筋肉を維持することができます。また、関節の病気にも有効なグルコサミン、コンドロイチンも配合されています。お腹の調子を整えるビール酵母や乳酸菌も入っているので消化吸収にも効果的です。グレインフリー、無添加のプレミアムドッグフードです。

詳細ページ公式ページ

カナガン

【原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

【成分値】
粗タンパク質 33.00%  脂質 17.00%  粗灰分 9.00%
粗繊維 3.50%  水分 8.50%
オメガ6脂肪酸 2.80%  オメガ3脂肪酸 0.90%
リン 1.42%  マグネシウム 0.10%  ナトリウム 0.60%
カルシウム 1.86%  カリウム 0.60%

代謝エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

肉の配合率は50%以上、高タンパク、低炭水化物でワンちゃんにとって理想的な配合になっています。グレインフリーで、健康で長生きさせてあげたいワンちゃんに最適なドッグフードです。グルコサミン、コンドロイチン、メチルスルフォニルメタン配合で軟骨の動きをなめらかにするので関節のケアに有効です。

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアした工場で製造、徹底した品質管理された安心、安全なドッグフードです。

詳細ページ公式ページ

UMAKA

【原材料】
鶏肉、大麦、玄米、鰹節、ビール酵母、米ぬか、鶏レバー、全卵粉末、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、昆布、ひじき、かぼちゃ、グルコサミン、コンドロイチン、しょうが、マリーゴールド、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12)、ビフィズス菌

【成分値】
タンパク質 24.5%以上  脂質 11.5%以上
粗繊維 1.0%以下  灰分 7.0%以下  水分 10.0%以下

代謝エネルギー (100gあたり)345kcal

UMAKAは、水たき料亭「博多華味鳥」が作った「ヒューマングレードを超える品質」のドッグフードで、まずは飼い主さんに食べてみてくださいとおすすめするほど品質に自信を持っています。

主原料の鶏肉は九州産のものをふんだんに使い、大麦や玄米が含まれているため、グレインフリーではありませんが、アレルギーに配慮した小麦グルテンフリーで、着色料不使用です。嗜好性は良くなるけれど老化や涙やけにつながるといわれているオイルコーティングもしていません。

公式ページ

飼い主の評判は?


人気のあるドッグフードに対して飼い主さんの評判はどのようなものでしょうか。

防腐剤を利用してないものが安心

ワンちゃんの飼い主さんは、ドッグフードは防腐剤を使用していないものが安心だと考えています。防腐剤、酸化防止剤の中でとくに注意したいものは、発がん性があるダイオキシン系のエトキシキンで、海外製のドッグフードに使われていることがあり、日本でも購入することができてしまいます。

また、ガソリンの酸化防止のために開発されたBHA、プラスチック製品の安定剤として使われるBHTもドッグフードの酸化防止剤として使用されることがあり、染色体異常、歩行失調、脱毛などの病気の原因になることがあります。

原材料にこだわりのある飼い主さんに人気のあるドッグフードは酸化防止剤に天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)、ローズマリー抽出物、クエン酸などを使用しています。

良質な原材料のものが安心

良質な原材料を使用したドッグフードはワンちゃんの健康に気をつかう飼い主さんに人気があります。産地のはっきりしたブロイラーではない新鮮なチキンや、厳選した野菜、果物を使っているので素材そのものの嗜好性が高く、不要な香料を使う必要もなく安心、安全です。

また、人間も食べられる品質のヒューマングレードの製品は、実際にまずは自分で食べてみるという飼主さんもいるほど安心感があり、大切なワンちゃんのために選ばれています。

まとめ


ドッグフードにはたくさんの種類があり、飼い主さんが選ぶ際には迷ってしまうものですが、ワンちゃんにとって安全なものに人気があります。

今回、人気の製品から「モグワン」、「カナガン」、「UMAKA」を厳選してとりあげましたが、すべて人間が食べられる食材を使用した高品質、人工添加物無添加で安心、安全なおすすめできる製品です。気になるものがある飼い主さんは一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ