未分類

シーズーの飼い方とは?性格や食事など正しい知識を身につけよう!

アンドペットおすすめのドッグフード

<1位> モグワンドッグフード 〜愛情たっぷりのスペシャルフード〜
<2位> ブッチ 〜トライアルセットで3種のフードが試せる♪〜
<3位> このこのごはん 〜獣医師が推奨!やさしいごはん♪〜

ランキング詳細

ぬいぐるみのようなかわいらしさで人気のシーズーは、ペットを飼ったことがない初心者にもおススメできる犬種と言われています。その理由は一体何なのでしょうか?今回はシーズーの性格や食事、飼い方のポイントを一挙紹介!

これからシーズーを飼おうかと思っている人、今飼い方で悩んでいる人はぜひ参考にしてください!

シーズーの性格

まずはシーズーの性格を挙げてみましょう。初心者でも飼いやすいと言われているのは、主にシーズーの性格が理由となっています。

穏やかで賢い

シーズーは穏やかで賢い犬種です。非常に友好的で飼い主以外の人ともコミュニケーションをとることができ、そのため老若男女問わず信頼を築くことができると言われています。愛情も深く、飼い主に対して強い信頼を寄せる犬種です。

人懐っこい性格なので飼い主だけではなく、誰にでも心を開く傾向があります。吠えることも少ないので、ペット初心者にもおススメの犬種です。ただし幼犬期は警戒心が強いのでしつけには充分な注意が必要です。

警戒心が強い

穏やかで人懐っこい性格のシーズーですが、元々は警戒心が強いため幼犬期のしつけが非常に重要です。きちんとしたしつけをし、一度警戒心を解いてくれればその後は無類の協調性を発揮しますが、その強い警戒心のため信頼関係を作るには少し時間がかかるとも言われています。

シーズーの警戒心を解くには、根気強く時間をかけてしつけを行う必要があります。

頑固

シーズーの性格で最も注意したいのが頑固さです。愛くるしいルックスとは違いシーズーはプライドが高いため、幼犬期は特に注意が必要です。甘やかされて育ったシーズーは、飼い主の言うことを聞かなくなる傾向があります。家族でシーズーを飼う場合は、例えば小さな子供にだけ吠えるなど、良くない習慣を身につけてしまうこともあります。

こうした悪い癖は成長してからは治すことが困難なので、幼い時の初めのしつけは非常に重要と言われています。また、シーズーは頑固ともいわれているのでシーズーの頑固さを理解し、褒めながらしつけていくことを心がけましょう。

遊び好き

しつけをし信頼関係が結ばれると見た目通りの可愛らしさで、シーズーは明るい性格を発揮します。自転車のカゴに乗っての散歩など、持ち前のフレンドリーさで遊び好きもアピール。初めのしつけさえ間違わなければ、悪い癖もつかず、非常に親しみやすく成長するのでシーズーは初心者にもおススメの犬種となっています。

シーズーの体重や特徴

次はシーズーの体重など身体的な特徴を見てみましょう。

シーズーの体重

シーズーの体重は4~8キロほどです。可愛らしいルックスとは裏腹に全体的に骨太で筋肉質な体型をしています。小型犬の中ではやや重めの体重です。

シーズーの体の大きさ

大きさは20~28センチほどです。小さめですが丈夫なのできちんとケアさえしていれば健康に育ってくれるでしょう。

シーズーの体の特徴

「頭はライオン、骨はクマ、足はラクダ、しっぽは羽ボウキ、耳はヤシの葉、歯は米粒、舌は花弁、動きは金魚」と例えられているシーズー。この表現からも分かるとおり、シーズーは肉体的に非常に多彩な特徴を持っています。後述しますが、シーズーは元々気高きライオンをイメージして交配された犬種です。ぬいぐるみのような可愛らしさでも、かつての中国ではその身体的特徴により神聖なものと称えられていました。

シーズーの被毛の特徴

被毛は上毛下毛のダブルコートとなっています。下毛は柔らかな質感で高い保温効果があります。上毛は長く豊かで、きちんと手入れしないと引きずるほど伸びてしまいます。カラーは「ホワイト&ゴールド」「ホワイト&ブラック」の二種類が多くなっていますが、成長とともにカラーが変化する場合もあります。

シーズーの歴史

シーズーの原産はチベットです。始まりは17世紀と言われていて、チベット地方のラサアプソと中国のペキニーズの混血という説が有力です。当時は神聖な存在とみなされており、「獅子狗(シーズークヮ)」と名付けられたことが名前の起源となっています。

獅子は中国では神聖な動物なので、ライオンに近い犬種を作るという目的で交配を繰り返し、現在のシーズーの姿となりました。

シーズーの飼い方のポイント

それでは次は実際に飼う時のポイントを紹介します。初心者にもおススメの飼いやすい犬種とはいえ、もちろん注意点はあります。特に幼い時は気を付けるようにしましょう。

シーズーの食事

ペット飼う上で最も気をつけなければいけないのはやはり食事です。シーズーは生後6ヵ月頃までは一日3回、それ以降は一日2回の食事にしましょう。与える分量はドッグフードの表示を参考にしてください。

元々シーズはかなり食欲旺盛な犬種です。おやつをあげた時は食事を減らすなど工夫も必要です。太って体が重くなると散歩を嫌がったり、心臓病や関節の病気になってしまうことも。欲しがるだけあげるとすぐに太ってしまうため、甘やかさずに食事の量はきちんとコントロールしましょう。

顔の構造上、食べかすなどもつきやすいためこまめに拭いてあげるようにしましょう。汚れたままにしておくと皮膚病の原因になってしまいます。お皿から水を飲むのも苦手なので犬用の給水器があると非常に便利です。

人間同様、高タンパクで低脂肪が望ましく、アレルゲンなどにも気を配りペットフードを選ぶようにしましょう。

シーズーのお手入れ

被毛の長さに関係なくブラッシングはできれば毎日行いましょう。根元からブラッシングすると皮膚を傷つけてしまう恐れがあるため、毛先から少しずつブラッシングして毛の流れを整えていくのがポイントです。シーズーの毛は柔らかくすぐに絡まってしまいます。トリミング時だけではなく、常日頃からブラッシングして慣れさせることが大切です。

被毛の長さ、皮脂の溜まりやすさなどの身体構造上、シーズーは特有の匂いを持っています。こうした体臭防止のため月に1回はシャンプーも行うようにしましょう。

シーズーのお手入れでさらに気を付けたいのが病気です。シーズーは垂れ耳なので外耳炎にかかりやすいと言われています。耳の中にも毛が密集しているので細菌も発生しやすい環境です。シーズーを飼う時は定期的に耳掃除をしてあげましょう。

シーズーの室内環境

シーズーは被毛が長いため、寒さは得意ですが夏の暑さがとても苦手です。そのため室内温度は25度前後を常に保つようにしましょう。湿度が高くなってしまうと熱中症のリスクも高くなるので、シーズーを飼う時は冷房設定には特に気を配りましょう。寒さが得意とはいっても、限度があるので冬には暖房は必要です。

温度や湿度に関しては人間が快適に暮らせる環境がシーズーにも適していると言えます。

シーズーのしつけ

初めに述べましたが、シーズーは賢く協調性豊かな犬種です。きちんとしつけをすれば人懐っこく誰とでも仲良くなれる特徴を持っている一方で警戒心も強いため、特に初めのしつけが肝心と言われています。甘やかされて育ったシーズーは持ち前の高いプライドを発揮し、飼い主の言うことを聞かなくなってしまいます。

大切なのは幼い時から、してもいいことと悪いことを根気よく教えていくことです。プライドが高いため、悪いことをした時は決して怒らず、そっけない反応を示す程度にしましょう。逆にいいことをした時には大げさに褒めてあげましょう。シーズーは一度自分で決めたことは曲げない傾向があるので、早いうちから主従関係を徹底させることがポイントです。

あまり吠えることがないと言われているシーズーですが、「無駄吠え」「縄張り吠え」「要求吠え」などはあります。しかし、静かにするためにおやつをあげたりすると「吠えるとおやつをもらえる」と考え、吠えることに慣れてしまいます。

シーズーは甘えん坊で無視されることが嫌いなのであえて無視することで「自分はいけないことをしている」と理解させることに繋がります。

シーズーを飼う時は幼い時のしつけがしやすい時期に、はっきりとした関係性を結ぶことが特に重要と言われています。そのため家族がいる場合は、家族全員とシーズーの主従関係を作るよう心がけましょう。元々シーズーは友好的ですが、自分より格下と思っている相手には強気な姿勢をとることもあります。小さな子供にだけ吠えるといったことがないように、的確にしつけるようにしましょう。

シーズーの散歩

シーズーは食欲旺盛なので、室内だけでは運動が足りません。時間は短くてもいいので、できる限り毎日散歩に連れて行きましょう。散歩は運動にもなりますし、シーズーの社交性を発揮できる場所でもあります。屋外に出すのは生後4ヵ月を過ぎてワクチン接種した後がよいので、初めはベランダなどで外気に慣れさせてから外へ出すようにしましょう。

シーズーが散歩が楽しいと理解した時こそ、元々備わっているシーズーの本領が発揮されます。遊び好きで協調性豊かなその姿は、世界中で人気があるシーズーの姿そのものなはずです。

シーズーに散歩の楽しさを教えるには、ただ歩くだけではなく坂道や階段など起伏に富んだコースがおススメです。時には走ったりすれば飼い主の運動にもなるので、ぜひシーズーと一緒に飼い主も散歩を楽しみましょう。

シーズーの寿命やかかりやすい病気

では最後にシーズーの寿命やかかりやすい病気を紹介します。

シーズーの寿命

シーズーの寿命は約15年ほどで、全犬種の平均的な寿命と大きくは変わりません。ただし現在はペットフードの品質や飼育環境が向上しているため、長寿化している傾向にあります。大切に飼えばもっと長い時間シーズーと一緒に生活できるでしょう。人間と同じで犬にも食事は大きな影響を与えます。ペットフードは年齢や体型などで選べるようになっているので、自分が飼っているシーズーに合わせて適切なものを選択しましょう。

ちなみに日本でのシーズーの最長寿記録は23歳です。

シーズーがかかりやすい病気

シーズーは身体的に特徴があるため様々な病気にかかりやすいと言われています。

眼病

大きな目が特徴のシーズーは、被毛が目に入ったりなどでどうしても目のトラブルが多くなってしまいます。瞬きが苦手なのでドライアイや角膜症なども起こりえます。眼病予防には、とにかく目の周囲の毛に気を付け、目やにや充血などにも充分気を配ることが大切です。

シーズーは眼球が外側に出っ張りやすくなっています。角膜症、緑内障などの眼病には特に注意しましょう。

皮膚炎

被毛が長いため気付きづらいのですが、シーズーは皮膚炎にもなりやすい犬種です。頻繁にかく、皮膚が赤くなっているなどの症状があった場合は、自然治癒を期待せずすぐに治療しましょう。

効果的なシャンプーや内服薬なども市販されていますが、心配ならばやはり動物病院で診断してもらうのがベストでしょう。

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)とは、鼻の先天性の異常です。シーズーなどの短頭種は生まれつき鼻腔が狭いので鼻腔狭窄症になりやすい構造になっています。鼻腔狭窄の症状は呼吸困難になり呼吸をする時にグーグーと音を立てる、鼻水をよく飛ばす、口を開けて呼吸をするなどがあります。

人間でも鼻づまりの時呼吸がしづらくなるのと同様シーズーも呼吸困難に陥ります。特に激しい運動をした後は非常に危険な状態になることもあるので注意が必要です。舌が青紫色になる「チアノーゼ」になった時は特に危険です。

先天性の場合は残念ながら予防することはできませんが、肥満により鼻腔狭窄が進むことも考えられるので、シーズーのような短頭種は太らないように積極的に運動させましょう。

鼻腔狭窄により支障がある場合は外科手術が必要になります。

シーズーを飼う上での注意点

しつけ

シーズーは温厚で賢いのでしつけをしやすい犬種です。ただし、頑固な面もあるため一度間違ったことを覚えてしまうとしつけをし直すことが難しいので、最初に覚えさせたいことをきちんと教える必要があります。

シーズーのしつけとして、トイレトレーニングは重要です。きれい好きの性格のためトイレと寝る場所をきちんと分けてあげましょう。褒められると伸びるタイプなので、起きた時、食後、遊んだ後などのタイミングでよく観察して、トイレに行きたそうにしていたらトイレに誘導し、上手にできたら褒めてあげると効果的です。

また、留守番の機会が多い場合は問題なく留守番ができるようなしつけも必要です。一人遊びの上手な犬種なので広めのゲージを用意して快適に過ごせるようにしてあげるとあまりストレスを感じずに留守番をすることができます。一緒に過ごせる時間にはしっかりとコミュニケーションタイムを取り、信頼関係を築くよう心がけましょう。

病気

シーズーには気をつけたい病気があります。かかりやすい病気の中にはドッグフードで改善されるものもあるので体質に合ったフードを選んであげましょう。

皮膚炎ではアレルギーが原因となることが多いので、アレルギーを起こしやすい小麦やトウモロコシが含まれていないものを与えることが大切です。消化吸収を考えると小麦、トウモロコシだけでなく他の穀物も一切含まないグレインフリーのドッグフードを選ぶと安心です。

グレインフリーのドッグフードに変えても皮膚炎が改善されない場合は特定の肉類にアレルギーがある場合もあるのでチキンなどアレルギーを起こしやすいドッグフードを与えていた場合にはラムやシカ肉、魚肉などに変えてみましょう。

また、鼻腔狭窄があり肥満気味のシーズーはダイエットの必要があるので、高タンパク低脂肪のドッグフードが良いでしょう。食事を減らすことはストレスに繋がるので、低カロリーのドッグフードを上手に使い体重の管理を行うことが大切です。

シーズーについてきちんと知識を身に付けよう

誰にでも心を開くシーズーは世界中で人気がある犬種の1つです。性格が温厚なのでペット初心者にもおススメですが、一緒に穏やかに暮らすにはやはり正しい知識を身につけなければいけません。特にシーズーは幼い時のしつけによって、その後の性格が変わるため、自宅に招いたその時から充分なしつけを行いましょう。

一度信頼関係を結べれば、シーズーの愛くるしい性格は誰にでも向けられることになります。ぜひ正しい知識を身につけてシーズーと最高の関係を築いてください!

シーズーにおすすめのドッグフード

アンドペット編集部が厳選したおすすめのドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワンイメージ画像
モグワンは食いつきの良さを重視して作られたドッグフードです。
愛犬の健康を考えて無添加の栄養価の高いドッグフードを買ってみたけれども、なかなか食べてくれない…そんな経験をしたことはありませんか?
モグワンは高い栄養価を目指すべく原材料にこだわり抜きながらも、食いつきの良さも両立しました。
原材料はヒューマングレード、動物性タンパク質は50%以上・グレインフリー・無添加と健康を意識したドッグフードに必要な要素を全て詰め込みながらも、満足のいく食いつきを実現。
愛犬には健康的な食事をしてほしいけれど、毎日喜んでごはんを食べてほしいという飼い主の方におすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:1.8kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

アカナ

アカナイメージ画像
アカナは世界中のペット愛好家から信頼されているドッグフード。ベースとなっている肉以外にも魚、野菜等もカナダで取れた新鮮な原材料のみを使っており、保存料も未使用。
もともと肉食の犬本来の自然な食事を再現した高タンパク質な栄養満点のドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 5,724円(税込)

詳細ページ公式ページ

カナガン

カナガンイメージ画像
カナガンはペットの本場イギリス産のプレミアムドッグフードです。グレインフリー(穀物不使用)、ヒューマングレード、添加物の不使用と愛犬の健康を守るには欠かせない原料へのこだわりが特徴。
全犬種の全ライフステージに対応していますが、粒が小さく食べやすいので、子犬や小型犬に与えるのに適しています。
愛くるしい小型犬に、健康な食事をして長生きしてほしい飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

基本情報

参考価格:2kg 3,960円(税込)

詳細ページ公式ページ

こちらもおすすめ